気を張ってがんばりましょ

2018.01.18 Thursday 16:09
0

    1ヶ月を切った「ちょっと弾いてみようKAI」ですが

    全体的に昨年の発表会よりクオリティー高いぞ!

    今までなんとなく、とにかく音符なぞるだけが精一杯、

    そんな演奏が多かったのですけれど

    今回はもっと突っ込んだ指導が出来る状態までの生徒さん

    以前よりずっと多くなりまして、私、とてもうれしいです。

    いつも皆さんには申しあげていますが

    自分が演奏することも大切だけれど

    他の方の演奏を聞くこと、知らない曲に出会うこと

    そんな体験もしてほしいと思っています。

     

    1ヶ月を切って、さぞや先生は大変であろうと思うでしょ。

    それがそうでもないのだなぁ。

    一昨日、さかなやさんで立派なにしんに出会い、

    毎年書いているが、切り込みを作った。

    いえ、正確にはまだ下準備段階です。

    塩麹を作り、にしんは水にひたして(その水は毎日取り替え)

    明日か明後日あたりに唐がらしとともに漬け込みます。

    とにかく大きくて立派なにしんだったので

    少し焼いて食べましたけれど美味しかったわ。

     

    ブログは毎年本にしていますが、それも注文しましたし、

    確定申告の下準備もしました。

    ギターの練習もしていますし、読書もきちんとしてる。

    とにかく風邪をひかないように注意せねば。

    だいたい私のほうが先に風邪をひくのだけれど

    めずらしく私よりも先に今年風邪をひいた夫。

    私は2月が毎年要注意みたいなので

    胃を痛めるのも、難聴になったのも2月。

    気を張っていきたいと思います。

    あっ、それとダイエットもしたいと思いますっ…。

     

    category:日々のこと | by:ando-guitarcomments(0)trackbacks(0) | -

    今年もよろしくお願いいたします

    2018.01.06 Saturday 13:06
    0

      年明け早々、連日の地震でなんとなく不安です。

      というわけで、防災グッズチェックしてしまった。

      こんな寒い中でもしも避難所生活とかになったらいやだなぁ。

      毛布もすぐ用意できるようにしておこうとか考えます。

       

      そんなわけで、遅くなりましたが今年もどうぞよろしくお願いいたします。

      レッスンもスタートし、弾いてみようKAIも一ヶ月後となりました。

      うちうちの会ですが、一歩前進した演奏をしてほしいなと思っています。

      よっしゃ、これからシゴキますっ!

       

      あっ、昨年の築地での購入品の丹波黒豆ですけれど

      とっても大きくて、とっても美味しかったですわ。

      私には大きな買い物でしたけれど、買って良かったわ。

      次回行ったらまた買ってこよう。

      たぶん、結局よそで買うよりずっと安いだろうなと思うし

      とにかくとても美味しかった。

      豆はいつも山本さんところで決めています。

      category:日々のこと | by:ando-guitarcomments(0)trackbacks(0) | -

      良いお年をお迎えください。

      2017.12.31 Sunday 10:05
      0

        寒い大晦日になりました。

        12月に入ってから少しずつ片付けをしていたので、

        なんとなくのんびりと、だからこうやって書いていられるのですね。

        こんなに寒いと掃除の能率もあがらないしね。

        いつものように昆布巻きを作り、月始めに築地で購入した丹波の黒豆

        もう炊きましたから、もうすることはありません。

        黒豆なんて何年ぶりにやったろうって感じですわ。

         

        先日生徒さんのお母様のかわいい作品頂きましたので。

        アイシングのクッキー、かわいくてふたりで「食べられないなぁ」と眺め

        では写真におさめて残しから食べましょうとなりました。

        今年は4月1日に行った発表会が教室としては多いなイベントでした。

        なんとなく燃え尽きた感じが皆様にありましたが、

        年明け早々2月11日日曜日に第11回ちょっと弾いてみようKAIやりますよ!

        我が家としては2回にわたるマチ子(愛車マーチのこと)の入院が

        私たちの心を痛めましたが、彼女はとても若返り、

        もしかしたら私より若くなったという走りをしています。

        来年はスマホとパソコンの買い替えを考えないといけないかと思っています。

        う〜ん、めんどくさい。

        では皆様暖かくして、良いお年をお迎えくださいませ。

        炊飯器買い替え 思考遍歴

        2017.12.30 Saturday 15:36
        0

          今月の初め、長いこと買い替えを検討していた炊飯器

          とうとう買いました。

          とにかく私は検討期間がすこぶる長い。

          9年使っていた炊飯器の内がまの内側が剥がれてきて

          そろそろ買い換えるかと真剣に10月くらいから一気に考え始めた。

          その変遷をちょっと。

           

          一番最初はまず容量を考えた。

          お米の大好きな私たち夫婦だが、1日1〜1.5合くらいしか炊かない。

          だから3合炊きでも良いのではないか。

          そして炊き方がいろいろあることを知り???となる。

          だいたい今使っているのはなんなのだろう?

          マイコン? IH? 圧力IH? それさえもわかってない。

          調べると今使っているのはIH炊飯器であった。

          なので自然とIH以上と思ったのだけれど

          圧力IHが果たしてIHより優れているのかと疑問に思う。

          ちょっと調べた結果、私が納得した結論が

          圧力かかるのでやわらかめが好みなら圧力が良いというものだった。

          ちょっとしっかり固め好きなので圧力でなくて良いな。

          ではIH炊飯器3合炊き、となんとなく結論づけた。

           

          と、そんなところへ目に入ってきた炊飯器はバルミューダのもので、

          保温機能がなく、デザインもシンプルな3合炊きだった。

          これは蒸してご飯を炊くという方法の炊飯器だ。

          外釜に水をはり内釜は普通に米と水の入れる。

          普段保温をしないのでそれだけは魅力だが

          ネットではこの釜が壊れたというのが多く、

          値段も高めなのでこれは却下となる。

           

          と、そんなころ、実家に行くと兄嫁が炊飯用の土鍋を買ったという。

          「これ、いいよ。時間も短くて省エネ、美味しいし」

          う〜ん、土鍋かぁ、美味しいなら魅力的なのだが、

          朝起きて火をつけてそこに張り付いていなければならない。

          『タイマーで炊けない。私には朝このために起きてっていうのはなぁ』

           

          と、そんなところへ年間数回伺う和食の虹(七里ガ浜)さん。

          11月の始めだったろうか、伺ったのは。

          いつも土鍋でご飯が出てくるのに、その日は鉄釜だった。

          「今日は白米なので。お茶も鉄瓶だと美味しいと言いますよね。

          それで鉄釜が良いかなと思って」とその理由を教えてくれた。

           

          一方で3合が果たして〜という思いもどこかにあった。

          炊き込みご飯はこれでは2合くらいしか炊けないからだ。

          炊き込みご飯は3合は確実に炊くし。

           

          と、このようにあっちこっちと気持ちが揺らぎまして

          結局鉄釜系、5.5合炊きを買いましたよ。

           

          とにかく検討時間が長い私。

          晴れて炊飯器を買って、10月に集めたカタログをすべて捨てた。

          それが年末いろいろ片付けたら今年上半期のカタログがたくさん出てきた。

          あれあれ、やれやれ。

          category:日々のこと | by:ando-guitarcomments(0)trackbacks(0) | -

          実は釣りが好きなんですけれど

          2017.12.26 Tuesday 13:50
          0

            先週(19日)の日経「地球ぐるりとEYE」で

            イスタンブールのガラタ橋で釣りの記事が書かれてあった。

            いやぁなつかしい。私、30年前にここで釣りをしたのだ。

            初めての海外旅行先の一つにがここイスタンブール。

            今でもここが一番楽しかったと思える場所で、

            トルコではNHKの朝ドラ「おしん」が放映された直後だったらしく

            歩いていると「ヤーパン、おしん」とやたらと声をかけられる。

            イスラム圏でカルチャーショックが大きく、

            わたしはただ道を歩いているだけでも楽しかった。

            そしてガラタ橋、2重になっていて上は車道、

            下はレストランがあったり、人しか通れなかった。

            そこから釣り糸を垂らしている人が大勢いた。

            実は私は釣りが大好きなのである。

            だから手振り身振りでやらせてと頼んでやらせてもらった。

            竿ではなくて、糸釣り。直接手にあたりがわかる。

            先には毛針が5つくらいついているので餌をつけることもない。

            すぐにあたりがあって、引き上げるとヒコイワシみたいのが釣れていた。

            私は針から魚をばらすことももちろんできるので

            つまり魚をつかんで、口の針をはずすことね、それをやろうとしたら

            左右から何人もの人が手を貸そうとしてくれて、

            そのとき初めて私そのものが見せ物になっていることに気がついた。

            顔を隠さない女(当時はトルコでは多くの女性が外に出歩かないし、

            出かけるとしたら全身を包んでいる人が多かった)、

            しかも日本人の若い女、というだけで黒山の人だかりだった。

            びっくりした。振り返ったら本当に私の周りは私を見ている人ばかり。

            釣れた魚はバラしてくれるは、お茶は出てくるわで、楽しかったわ。

             

            その新聞記事を読むと、釣り人は相変わらず多いらしい。

            そしてお魚は枯渇しているらしい。

            写真も掲載されていたが、こんなに大勢では

            隣の人と糸が絡まっちゃうだろうに。

            なんだか無性に釣りがしたくなりました。

            だれか誘ってぇ。

             

             

            今回の築地行き 2

            2017.12.21 Thursday 22:38
            0

              築地の話、続き。忘れないうちに書いておかねば。

              この日、目的の鯛の頭とかタラ、牡蠣購入後、もう1ヶ所。

              そこはチーズ屋さんなのだけれど、場所としては

              多くの人が丼とか寿司とかに行列を作る場内にあります。

              昨年行って今年も寄りたいと一緒に行った方がおっしゃって、

              たしかこの辺とキョロキョロしながらようやく到着。

              そのチーズ店、店頭にいらしたご主人らしき男性、

              まぁとにかくちょいと説教口調で講釈してくださる。

              新鮮なチーズとはどういうものか、

              買うならこういうチーズを選べとかとにかくきびしい。

              彼からちょっと離れたところであれこれ迷っていると

              「だからっ、わからなかったら聞けってのっ!

               食べてみなきゃわからないだろっ!」

              いろいろと味わわせてもらってまぁそれなりの量を買ったからでしょうか。

              店を出るとき「中、入ったか?(中とは場内のこと)魚とか買ったのか?」と。

              「はい、場内入って魚とかはもう買ったの」と我々。

              「食事はしたのか?」

              「いえ、まだ。これからしようとは思っているけれど」

              と返事をしたら、指を一本立ててポイント

              つまり「ちょっと待て」ってことね。

              築地本、足元の棚から取り出してページめくり

              「ここの寿司屋、まぐろが美味しい。昼のヅケ丼は690円だ。

               (さらにページをめくり)ここの鯖の煮付け、いくらだと思う?」

              「う〜ん、1000円くらいかなぁ」「850円」

              あっ、この辺の数字はうる覚えで正確でないのですけれど

              まぁでもこんな会話がなされました。

              「寿司屋は11時から、こっちは11時半からだ」

              時計を見るとあと5分で11時なので

              「寿司屋、寿司屋にするから場所教えて」

              するとポケットから携帯電話を出して

              「あっ、○島だけれど、5分後4人」

              電話を切るとお店の女の子に「ちょっと出るからな」

              えっ? 連れてってくれるの???

              とにかくここまでのテンポの良いことったらない。

              もう我々はスタスタと歩く彼について行ってしまった。

               

              その後まっすぐ寿司屋に行ったかというとそれがちょっと違う。

              まずは「ここは吉野家の一号店、他の店にはないものが壁にある」

              よく見るとここには箸置きが壁についてるの。

              つぎに隣りの和菓子屋さんでだ「団子」の説明を受け、

              波除神社、そこにいくつかある塚(えび塚とか鮟鱇塚とか)の説明。

              最後に「吉野家の塚もある」へぇぇ〜

              とにかく観光案内までしてくださった。

              ついて歩きながら

              『このおじさんにはやっぱりお寿司ご馳走しなくちゃいけないかなぁ』

              なんて思っていた。

              でもまったくそんなことはなくて、寿司屋の前で

              「じゃぁな」ってお帰りになるので

              私はなんとなく握手なんてしてしまった。

               

              寿司を食べながら、「前に来た時はあのおじさんいなかったよねぇ」

              「きっと今日の我々のように寿司屋とかに案内してたんじゃない?」

              「あっ、そうかぁ!」

              とにかく大変楽しい江戸っ子のチーズ屋さんでした。

              何度も来た築地だけれど、今回はこんなオプションがあって楽しかった!

              ポロンクセマ≒7.5キロ

              2017.12.14 Thursday 09:40
              0

                日本語の「木漏れ日」とか「わびさび」

                最近の言葉では「積ん読」とか、その単語一言で表現されていること。

                これが簡単に他の言語に翻訳できないの。

                 

                先月12日の日経に世界のそんな言葉をいくつか紹介されていて

                2年前には本も出ています。

                すぐに図書館で借りて読んでみたのだけれど、素敵な本でしたよ。

                『翻訳できない世界のことば』(創元社)

                書いた人は米国人の女性ですけれど

                その中に日本語からは先にあげた3つ。

                それと「ボケっと」がありました。

                 

                「木漏れ日」のように自然を描いた言葉で

                多くの人が覚えやすくて使えそうでとても気に入ったのが

                スウェーデン語の「モーンガータ」

                水面にうつった道のように見える月明かり。

                 

                日本人には使えないけれどお国柄が出てるなと思われる

                トナカイが休憩なしで疲れず移動できる距離

                フィンランド語「ポロンクセマ」

                だいたい7.5キロだってさ。

                今月忙しいであろうトナカイさん。

                案外体力ないですな。

                 

                今回の築地行き 1

                2017.12.10 Sunday 08:24
                0

                  また築地へ行って鯛の頭、買ってきましたよ。

                  今まで何回か築地行きのことブログに書いていますので

                  私たちが鯛の頭ばかりを買いに行っていることご存知かとは思いますが

                  今回の鯛の頭、まずはご覧下さいませ。

                  鯛の下(葉蘭の下)のバットの大きさからもお分かりかと思いますが

                  左の鯛は上から下びれまで20センチはありました。

                  これ天然の鯛だそうです。

                  いつも右の大きさの、だいたい飼っています。

                  これでも家の近くのスーパーや魚屋さんで売られているものより

                  ずっと大きく、15センチはありますよ。

                  スーパーとかで売られているのは小さくて、

                  しかも頭、半分にされていたりしますでしょ。

                  これにちょっとばかりのあらが添えられて200円とかで売られていても

                  まったく買いたいとも思わない。

                  一度でもこの市場で売ってくれる頭そのままを、

                  蒸したり焼いたり、煮たりしたの食べたら二つに割られているの

                  スーパーとかのは鍋か汁にしかできないなぁと思いますわね。

                  築地場内からのは買ってきてからが大変ですけれどね。

                  とにかく丁寧にウロコをとらねばなりませんので。

                   

                  それでお味ですけれど、さぞや養殖と違い世間の荒波の中で生き抜いて

                  これだけ大きくなったのだから…なんて思っていたけれど

                  格別差があったとは感じなかったけれど美味しゅうございました!

                  オーブンで1時間、じ〜っくり焼いていただきました。

                   

                  今回の築地、まだまだ楽しいことがあったので

                  それはまた書きます。

                  イベント終わり

                  2017.12.03 Sunday 10:09
                  0

                    教室の年内のイベント終了しました。

                    まず先日(29日)のジョイントコンサート、

                    お運びくださった皆様ありがとうございました。

                    会場の広報誌をご覧になっていらしてくださった方も数名おられて

                    プサルタリーにだいぶ関心を寄せられていたようです。

                    (でも生徒があんまり聞きに来なくって、先生としては残念

                     まぁ平日の夜でしたし仕方なかったけれど。)

                    先生と私のインスピレーションも崩壊せず

                    皆様にとっても喜んでいただけました、よかったぁ。

                     

                    そして昨晩は忘年会でした。

                    昨年の忘年会以降、4月1日に発表会がありましたが、

                    その日は夜も遅かったので打ち上げすることもなく、

                    また夏の暑気払いもしなかったため一年ぶりの交流会。

                    楽しかったですねぇ。

                    初めて参加の方、今年成人して晴れてお酒が飲めるようになった青年。

                    80歳代の方がなんとお三方もおられた。

                    もっぱら話題の中心は来年2月11日に行なう

                    『第11回ちょっと弾いてみようKAI』のことなのだけれど

                    だんだんギター以外の趣味の話にもなって

                    「ちょっとやってみようKAIにしようかぁ」

                    なんて話にもなってしまった。

                    いやいや、落語とか歌とか、かくし芸は他でやりましょう。

                    あくまでもギターの会なんですから。

                    でもそんな話もできて、長老M氏からは人生訓も伺えたし

                    とっても良い忘年会だったと思います。

                    こういう会があるたびに私は周りの方に恵まれているなぁと実感。

                    今年も感謝の気持ちで終えることに幸せを感じた夜でした。

                    しかし、宴会となるといつもよ〜く集まるなぁ。

                    2月は打ち上げやるから、ギター弾いてくださいよ。

                     

                    寒いですねぇ

                    2017.11.25 Saturday 16:11
                    0

                      だいぶ空いてしまった。

                      その間に季節は急に冬になりました。

                       

                      まずはジョイントコンサートのお知らせ。

                      毎年この時期に戸塚で行ないますコンサートです。

                      ギターソロ、ギターデュオ、プサルタリーなどいろいろあります。

                      どうなるかわからない(?)私の「インスピレーション」もありますョ。

                      時代劇っ子の私、これは鬼平のエンディングテーマですけれど

                      倍の遅さになりますが、先生とデュオします。

                       

                      昨年ちょっとがんばった私ですが、

                      今年春から左腕から指先にかけてしびれと痛みがでて

                      すっかりモチベーションが落ちてしまった残念な年になってしまった。

                      でも痛みのおかげで、ちょっと演奏方法にも変化が出た気もします。

                      平日の夕方ではありますが、お時間ございましたら

                      ぜひお越しくださいませ。

                      とにかく風邪などおひきになりませんように。

                       


                      Calender
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>
                      読書メーター
                      寿里子さんの読書メーター
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recommend
                      翻訳できない世界のことば
                      翻訳できない世界のことば (JUGEMレビュー »)
                      エラ・フランシス・サンダース
                      素敵な絵本のようでした
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      あなたの中のリーダーへ
                      あなたの中のリーダーへ (JUGEMレビュー »)
                      西水 美恵子
                      はじめ文体に慣れるのに苦心しましたが、
                      パッションある一冊です
                      Recommend
                      Recommend
                      カラスの教科書
                      カラスの教科書 (JUGEMレビュー »)
                      松原 始
                      イラストもかわいい!
                      楽しい本でした。
                      Recommend
                      陳麻婆豆腐調料(麻婆豆腐の素) 50g×4p
                      陳麻婆豆腐調料(麻婆豆腐の素) 50g×4p (JUGEMレビュー »)

                      うちはもっぱらこれを使う。
                      山椒も入っていてチョ〜しびれます。
                      実は辛いものが苦手な私。
                      Recommend
                      Recommend
                      遺伝子の不都合な真実: すべての能力は遺伝である (ちくま新書)
                      遺伝子の不都合な真実: すべての能力は遺伝である (ちくま新書) (JUGEMレビュー »)
                      安藤 寿康
                      兄が本出しました。
                      今までのは難しくて、結局読みきれなかったけれど、
                      今回は読めるかも。
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM