オリーブ素麺とトマトめんつゆ

2018.07.05 Thursday 09:03
0

    先日、スーパーにめんつゆ買いにいったのだけれど

    陳列棚の前で若い夫妻が並んで

    「こんなのある、こんな味も」といろいろ吟味していた。

    私はすでに何を買うかを決めていたけれど

    お二人がいたので後ろでちょっと待っていたら

    すぐ私に気がついてくれて間を開けてくださった。

    で、ペコンと頭を下げて目的のものをササッと手に取ったのだけれど

    すぐ後、そのお二人、私の取ったそのつゆを手にされた。

    な〜んとなく責任感じ(?)つつ、私はレジに向かった。

     

    で、今度はレジのお姉様がそのつゆを見て

    「あら、こんなのあるの、初めて知った」とおっしゃった。

    それがこちらでして

    そのレジのお姉様にもお話したのですけれど

    昨年『マツコの知らない世界』の素麺の放送があってそれで知ったの。

    このめんつゆのお相手の素麺は小豆島のオリーブ素麺

    とお話し、「これもここで売ってくださると」と言ったらば

    「それね、お客様の声に書いて、店にだしておいて」と言われてしまった。

    というわけで、こんなワンシーンでしたがなぜかすごく責任を感じた買い物でした。

    この夏、ちょっと変わった素麺お試ししたければこんなのもおすすめします。

    早くできました梅干

    2018.07.04 Wednesday 13:38
    0

      観測史上一番早い梅雨明けであった今年、

      うちの梅も7月1日から外に干されました。

      三日三晩、た〜んと干しましたよ。全部で5キロ分はあったと思います。

      左の3枚はきちんと赤梅酢につけたもの。

      右下は白梅酢だけです。これ塩抜きしてはちみつ漬けにしてみたい。

      上手にできました。はいはい、自画自賛。

      とはいえ私はあまり食べないけれど。

      辛いもの、すごくすっぱいもの、嫌いではないけれど苦手です。

      ハクビシン、三日三晩、絶対に手をつけないのね。

      少しでもザルに手をかけたりすればひっくり返るから

      それさえもしないのは、やはり嗅覚がしっかりしているからかしら?

      メスレ 今年はスムージーに

      2018.06.24 Sunday 08:50
      0

        今朝もリス来ました。

        そして長〜く鳴き声だしてました。うるさかったです。

        仲間が来るわけでし、まわりに鳥がいるわけでなし。

        木に飛び移る前にあんな声を出すのはなぜ?

         

        メスレ、毎年何百、いやもしかすると1000とか2000個あるが

        それがほんの10日から2週間のことです。

        今年は短く10日ばかりでしたでしょうか。

        皆様にお配りするのとか、とにかくきちんとしたもの以外は

        たとえば熟れすぎて割れたものとか、

        実同士がくっついて色づくとそのくっついた部分が赤くならないとか

        そういったのを煮ます。

         

        実を召し上がった方はおわかりと思いますが

        ゆるい果実ですので(つまり水分が多すぎるので)そのままジャムにはならない。

        ジャムを作るなら煮たものを晒しの袋に入れて

        ほぼ一日かけてジュースと果肉に分離して・・・となります。

        ゆるいまま分離させずヨーグルトソースに使うこともできます。

         

        長年そうやってきているのですが、今年初めてのことやりました。

        煮て種を丁寧に取り除いたあとミキサーにかけ

        砂糖を加えて寒天を入れる。

        この寒天の量は、冷めたときに固まらない程度。トロ〜リって感じ。

        これがスムージーとなるのですわっ!

        たくさんできちゃうので凍らせて保存(キューブ状)

        凍ったのをそのままかじっても寒天のおかげでそんなに固くない。

         

        スムージー、まったく興味がなかったのですが

        コンビニでオープン記念か何かで野菜のスムージーもらい

        飲みながらパッケージを読んでいたら

        原材料の中に「寒天」とありまして、それがヒントとなりました。

        みつ豆好きの私は寒天棒はいつでも置いてあるので(赤えんどう豆もね)

        メスレでスムージー作ってみようかと思った次第です。

         

        長年一度もミキサーにかけたことなかったメスレ。

        今ではそれが不思議だが、まぁ煮るだけでかなり大変。

        種を取り除くだけでも1時間くらいかかるから

        それだけでいやになっちゃっていたし。

        でも今年は初めてのことなので気合入れてやってますっ!

        甘納豆作ってみた

        2018.05.07 Monday 07:01
        0

          先日知人のところで集まったときに

          甘納豆の詰め合わせ食後に食べていたのだけれど

          一人が「甘納豆でどうやって作るのかしらね」と。

          そう思ったら急に作ってみたくなってやってみた。

           

          まぁまぁの出来かなぁ。

          砂糖の量をきちんと測ってなかったので

          結果的に甘さが控えめになってしまった。

          やわらかさもむずかしい。

          でも一番の失敗はざるだと思っている。

          ふだん使っているボウルで湯を切ったので

          潰してしまった豆を多く作っていしまった。

          たいらの竹ざるを用意すべきであった。

           

          根気あれば?誰でも作れますよ

          今度違う豆買ってやってみましょう。

          豆好き三七子でした!

          良いお年をお迎えください。

          2017.12.31 Sunday 10:05
          0

            寒い大晦日になりました。

            12月に入ってから少しずつ片付けをしていたので、

            なんとなくのんびりと、だからこうやって書いていられるのですね。

            こんなに寒いと掃除の能率もあがらないしね。

            いつものように昆布巻きを作り、月始めに築地で購入した丹波の黒豆

            もう炊きましたから、もうすることはありません。

            黒豆なんて何年ぶりにやったろうって感じですわ。

             

            先日生徒さんのお母様のかわいい作品頂きましたので。

            アイシングのクッキー、かわいくてふたりで「食べられないなぁ」と眺め

            では写真におさめて残しから食べましょうとなりました。

            今年は4月1日に行った発表会が教室としては多いなイベントでした。

            なんとなく燃え尽きた感じが皆様にありましたが、

            年明け早々2月11日日曜日に第11回ちょっと弾いてみようKAIやりますよ!

            我が家としては2回にわたるマチ子(愛車マーチのこと)の入院が

            私たちの心を痛めましたが、彼女はとても若返り、

            もしかしたら私より若くなったという走りをしています。

            来年はスマホとパソコンの買い替えを考えないといけないかと思っています。

            う〜ん、めんどくさい。

            では皆様暖かくして、良いお年をお迎えくださいませ。

            今回の築地行き 2

            2017.12.21 Thursday 22:38
            0

              築地の話、続き。忘れないうちに書いておかねば。

              この日、目的の鯛の頭とかタラ、牡蠣購入後、もう1ヶ所。

              そこはチーズ屋さんなのだけれど、場所としては

              多くの人が丼とか寿司とかに行列を作る場内にあります。

              昨年行って今年も寄りたいと一緒に行った方がおっしゃって、

              たしかこの辺とキョロキョロしながらようやく到着。

              そのチーズ店、店頭にいらしたご主人らしき男性、

              まぁとにかくちょいと説教口調で講釈してくださる。

              新鮮なチーズとはどういうものか、

              買うならこういうチーズを選べとかとにかくきびしい。

              彼からちょっと離れたところであれこれ迷っていると

              「だからっ、わからなかったら聞けってのっ!

               食べてみなきゃわからないだろっ!」

              いろいろと味わわせてもらってまぁそれなりの量を買ったからでしょうか。

              店を出るとき「中、入ったか?(中とは場内のこと)魚とか買ったのか?」と。

              「はい、場内入って魚とかはもう買ったの」と我々。

              「食事はしたのか?」

              「いえ、まだ。これからしようとは思っているけれど」

              と返事をしたら、指を一本立ててポイント

              つまり「ちょっと待て」ってことね。

              築地本、足元の棚から取り出してページめくり

              「ここの寿司屋、まぐろが美味しい。昼のヅケ丼は690円だ。

               (さらにページをめくり)ここの鯖の煮付け、いくらだと思う?」

              「う〜ん、1000円くらいかなぁ」「850円」

              あっ、この辺の数字はうる覚えで正確でないのですけれど

              まぁでもこんな会話がなされました。

              「寿司屋は11時から、こっちは11時半からだ」

              時計を見るとあと5分で11時なので

              「寿司屋、寿司屋にするから場所教えて」

              するとポケットから携帯電話を出して

              「あっ、○島だけれど、5分後4人」

              電話を切るとお店の女の子に「ちょっと出るからな」

              えっ? 連れてってくれるの???

              とにかくここまでのテンポの良いことったらない。

              もう我々はスタスタと歩く彼について行ってしまった。

               

              その後まっすぐ寿司屋に行ったかというとそれがちょっと違う。

              まずは「ここは吉野家の一号店、他の店にはないものが壁にある」

              よく見るとここには箸置きが壁についてるの。

              つぎに隣りの和菓子屋さんでだ「団子」の説明を受け、

              波除神社、そこにいくつかある塚(えび塚とか鮟鱇塚とか)の説明。

              最後に「吉野家の塚もある」へぇぇ〜

              とにかく観光案内までしてくださった。

              ついて歩きながら

              『このおじさんにはやっぱりお寿司ご馳走しなくちゃいけないかなぁ』

              なんて思っていた。

              でもまったくそんなことはなくて、寿司屋の前で

              「じゃぁな」ってお帰りになるので

              私はなんとなく握手なんてしてしまった。

               

              寿司を食べながら、「前に来た時はあのおじさんいなかったよねぇ」

              「きっと今日の我々のように寿司屋とかに案内してたんじゃない?」

              「あっ、そうかぁ!」

              とにかく大変楽しい江戸っ子のチーズ屋さんでした。

              何度も来た築地だけれど、今回はこんなオプションがあって楽しかった!

              今回の築地行き 1

              2017.12.10 Sunday 08:24
              0

                また築地へ行って鯛の頭、買ってきましたよ。

                今まで何回か築地行きのことブログに書いていますので

                私たちが鯛の頭ばかりを買いに行っていることご存知かとは思いますが

                今回の鯛の頭、まずはご覧下さいませ。

                鯛の下(葉蘭の下)のバットの大きさからもお分かりかと思いますが

                左の鯛は上から下びれまで20センチはありました。

                これ天然の鯛だそうです。

                いつも右の大きさの、だいたい飼っています。

                これでも家の近くのスーパーや魚屋さんで売られているものより

                ずっと大きく、15センチはありますよ。

                スーパーとかで売られているのは小さくて、

                しかも頭、半分にされていたりしますでしょ。

                これにちょっとばかりのあらが添えられて200円とかで売られていても

                まったく買いたいとも思わない。

                一度でもこの市場で売ってくれる頭そのままを、

                蒸したり焼いたり、煮たりしたの食べたら二つに割られているの

                スーパーとかのは鍋か汁にしかできないなぁと思いますわね。

                築地場内からのは買ってきてからが大変ですけれどね。

                とにかく丁寧にウロコをとらねばなりませんので。

                 

                それでお味ですけれど、さぞや養殖と違い世間の荒波の中で生き抜いて

                これだけ大きくなったのだから…なんて思っていたけれど

                格別差があったとは感じなかったけれど美味しゅうございました!

                オーブンで1時間、じ〜っくり焼いていただきました。

                 

                今回の築地、まだまだ楽しいことがあったので

                それはまた書きます。

                知らないことだらけ

                2017.11.01 Wednesday 09:32
                0

                  実家の墓が池上本門寺にあるということ

                  今までにも何度か書いたのだが

                  先週の日経夕刊(10/24)にその池上名物くず餅の記事が出ていた。

                  いやいや知らなかった。

                  関東のくず餅はくず=葛は一切使っていないのだった。

                  知らなかった。

                  小麦粉のでんぷんを発酵させ精製し蒸して作るのですと。

                  和菓子で唯一の発酵食品なんですってさ。

                  知らなかった。

                  たしかに夏にいただく葛を使った和菓子と

                  日頃食べているくず餅は違うなぁとは思っていた。

                  そういうことだったのか。

                  私は相模屋さんのくず餅で育っている。

                  きなこも黒蜜も相模屋さんの味が私のノスタルジックテイスト。

                   

                  食べ物のトリビアは週末の日経(土曜日版プラス1)で再びあった。

                  黒毛和牛。和牛の98%が黒毛和牛なんだってさ。

                  ちなみに和牛は4種、これらを交配した牛と純な4種のみを和牛。

                  国産牛とは違います。

                  それと豚。三元豚、国産豚の75%以上が三元豚なんですと。

                  黒毛和牛も三元豚も売られているときに

                  そのように表記されているとなんだか高級とか貴重な感じがしていた。

                  でもそうでもないみたいってことですかしらん。

                   

                  それと牛肉のランクに使われるA4とかA5も美味しさの基準でなく

                  A〜Bは精肉にできる割合の多い順。

                  1〜5は脂の具合、霜降りのことね、それときめ細かさ。

                  つまり見た目で決められるそうです。

                  そうなんだぁ。初めて知ったわ。

                   

                  それでその豚さんですが、1頭の豚の44%が精肉になるそうです。

                  最近読んだ『続・ざんねんないきもの辞典』で

                  一番印象に残ってる話をひとつ、これも豚さん。

                  豚の体脂肪は10数%、ちょっと正確な数字は忘れたけれど

                  とにかくすごく低くモデルさんとかアスリート並。

                  赤ちゃん豚はたしか3%くらいだったような。

                  というわけで、人間太った人を「豚みたい」と言ってしまうが

                  これは豚さんには大変失礼なお話なんですよ。

                  山椒の花

                  2017.04.26 Wednesday 09:26
                  0

                    月始めに庭の三つ葉を収穫し卵とじにすると書いたのだけれど

                    これは今も続いていて、だいたい3〜4日に一回ね。

                    本日はたぶん珍しい山椒の花を。

                    庭に山椒の木があるのですけれど、うちのは花が咲くのです。

                    山椒は雌木と雄木がありまして、雌木が実になるのね。

                    雄木は花だけで実にはならないの。だからうちのは雄木ですね。

                    雌木は近くに雄木があって受粉されて実になるらしいです。

                    うちはこの花を収穫して、醤油煮します。

                    もちろん葉は、たとえばこの時期ですとたけのこご飯とかに登場します。

                    あと山椒味噌を作りますかしら。

                     

                    ちなみにまだまだお子ちゃま舌の私は、あまり好きではありません。

                    山椒とか蕗とかセロリとか梅干とか。

                    嫌いとは言いません、いただきながら「ひょ〜っ!」って言うだけです。

                    山椒味噌も梅干も作るけれどね、「ひょ〜っ!」です。

                    立派な切り込みとなりました。

                    2016.12.13 Tuesday 08:52
                    0

                      築地で買ったにしんで作りました切り込みですが

                      作ってみてわかったけれど、にしんが立派すぎてしまい、

                      肉厚で、まぁこれはこれで非常においしいのですが

                      もったいなかったかなぁと少し思いました。

                       

                      もちろん焼いても食べたし、普通に酢漬けも作りましたら堪能したけれど

                      毎年毎年「切り込み、切り込み」と騒ぐ私ですので、

                      一度築地でにしんを買って作ってみたいという夢がございました。

                      あんな大きな(全長40センチ以上!)立派なにしんでなくても良いのね、

                      ということ学習した次第です。

                      ちなみにネットで購入した麹もすごく上品なまろやかさで

                      市販されている切り込みとはちょっと違うものになったかな。

                      数の子も入りませんしね。

                      まだまだ懲りずににしん手に入ったら作り続けるつもりです。

                       


                      Calender
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>
                      読書メーター
                      寿里子さんの読書メーター
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recommend
                      翻訳できない世界のことば
                      翻訳できない世界のことば (JUGEMレビュー »)
                      エラ・フランシス・サンダース
                      素敵な絵本のようでした
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      あなたの中のリーダーへ
                      あなたの中のリーダーへ (JUGEMレビュー »)
                      西水 美恵子
                      はじめ文体に慣れるのに苦心しましたが、
                      パッションある一冊です
                      Recommend
                      Recommend
                      カラスの教科書
                      カラスの教科書 (JUGEMレビュー »)
                      松原 始
                      イラストもかわいい!
                      楽しい本でした。
                      Recommend
                      陳麻婆豆腐調料(麻婆豆腐の素) 50g×4p
                      陳麻婆豆腐調料(麻婆豆腐の素) 50g×4p (JUGEMレビュー »)

                      うちはもっぱらこれを使う。
                      山椒も入っていてチョ〜しびれます。
                      実は辛いものが苦手な私。
                      Recommend
                      Recommend
                      遺伝子の不都合な真実: すべての能力は遺伝である (ちくま新書)
                      遺伝子の不都合な真実: すべての能力は遺伝である (ちくま新書) (JUGEMレビュー »)
                      安藤 寿康
                      兄が本出しました。
                      今までのは難しくて、結局読みきれなかったけれど、
                      今回は読めるかも。
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM