イヤなら泣くしかなかったよね

2018.11.16 Friday 10:46
0

    先日ある公共施設の通路というかフリーエリアで

    まだ幼稚園に行くか行かないかの女の子

    お母さんを相手にウェ〜ンウェ〜ンと泣いていた。

    ガラス張りで中が見える隣接した部屋では

    その世代の女の子がエビの格好をしている。

    (うつぶせの姿勢から上体をグッと腕で押し上げ頭をそらせ

     下半身は膝は曲げて頭につける格好)

    それを見た瞬間、私はこの泣いている女の子になった。

     

    わたしもこのくらいの年齢でバレエ教室に入れられた。

    でもそれは決して無理やりではなかったと思う。

    テレビでバレリーナのひらりひらりとした手の動きが優雅に見え

    自分からやってみたいと言ったに違いない。

    それでバレエ教室に行ったのだけれど

    バーにつかまって皆と同じポーズをとらなくてはいけない。

    優雅に思えたそのひらりひらりの腕の動きはまったくダメ、いけない。

    ピシッと伸ばさなくてはいけなかったがいつも中途半端に曲げ

    でも指先だけはキッチリとポーズをつけていたが

    それを何度も注意されたような気がする。

    エビのポーズはそこで何度もやらされたから思い出したのだ。

     

    ある日チュチュが一枚。

    一人ずつ着まわしし、ポーズを取って写真を撮ろうとなった。

    突如として私の抵抗が始まった。

    思えばあの頃から私は群れることができなかったに違いない。

    はじめ泣きはしなかったが断固として動かなかった。

    なぜここにいるすべての人が

    このへんてこりんな衣装をこんなにありがたがり、喜ぶのか。

    なぜ皆がやることを私もしなくてはいけないのか。

    私はこんな服、ちっとも着たくない。

    みんなみたいに嬉しくない。

    しかもポーズなんて取りたくない。

     

    とにかく母に腕をひっぱられようがなにされようが

    動こうとはせず、駄々をこねた。

    不幸なことにそのすねてふてくされてる私の写真は撮られている。

    結局その後泣きじゃくるがそれでも大人たちは私を許さず、

    しかたなくチュチュを着なくて良いがポーズをとって写真。

    私としては大いに不本意な行動をとらされたこととなる。

     

    その後の私は幼稚園にもはじめはきちんと通えなかった。

    そこでも一日中泣きじゃくり、困った母が一日付き添っても泣いていた。

    お弁当も喉を通らず、食べるのが楽しくなるようにと

    サンドイッチもくるりとラップでロールにして

    両端は色とりどりのリボンでキャンディのように結んだかわいいお弁当

    母はいろいろ工夫してくれたのにも関わらず食べなかった。

    結局、1週間の停学になる。

     

    う〜ん、今思うと私は幼稚園に入る前から

    群れることができなかったらしいことになる。

    どうしてそうなのだろう、誰に似たのだろう。

    わからないなぁ。

     

    通路で泣いていた女の子は何を訴えたくて泣いていたのだろう。

    言葉が達者じゃないから伝えられない。

    わからないからお母さんも困ってしまう。

    いろいろなことを言っても首を振るばかり。

    でも、嫌なものはイヤなのです。

    category:日々のこと | by:ando-guitarcomments(0)trackbacks(0) | -

    どうやら五十肩

    2018.11.06 Tuesday 13:36
    0

      それは9月、ひとり温泉・新潟に行ったときから

      なんとなくではあったのだが。

      どうやら右の肩、五十肩らしい、そろそろ自覚・認識です。

      旅先でリュックを担ぐ時にちょっと肩が痛いなと感じた。

      その直前ジムで筋トレしていたから

      (おやおや、筋肉痛か)と思う程度だった。

      しかしそのにぶ〜い痛み、違和感は良くもならず。

      そして1ヶ月のジム休館で運動系の痛みでなく

      慢性的な痛みとだんだんと自覚させられてしまった。

      整体の先生にはすぐにそれは見つけられて

      「ここに手を当てて、自分ではやりにくいけれど

       このように角度をつけて動かすように」

      ったって、おしゃるとおりなかなかむずかしい。

       

      11月に入りジムへ行き、インストラクターたちには

      「この1ヶ月の変化は体重増より五十肩」と報告。

      なった方はおわかりだと思いますが、

      腕を上に上げるより、背中に手をまわす方がしんどいのね。

      (別段悪事をはたらいたわけでないですよ)

      しかしイントラたちには変な慰められ方をされる。

      「そのくらい後ろに手をまわせるならいいじゃないですか。

       ひどい人はもっとですよ」

      心の中では(でも痛いのよ。そんな言葉、痛み解消にならない)

      とふてくされる。

       

      あぁ私は四十肩も五十肩もならない、良かったなぁと思っていた。

      しかしとうとうやってきたかぁ、である。トホホ。

      でもまぁイントラの言うようにまだまだ良い方だと思います。

      上にはきれいにまっすぐあがりますよ。

      背中にまわすのと、反対の左肩あたりを洗おうと腕をもっていくとか

      前方斜めに腕を伸ばすとか。

      今は、これ以上ひどくならないこと、長引かないこと

      これを祈っています。

      とにかく動かすっ!

       

      今度の日曜日毎年恒例のジョイントコンサートいたします。

      11月11日14:00から戸塚区合同庁舎3階多目的スペース

      チラシは私のHPからご覧いただければと思います。無料の会です。

      お時間ございましたらぜひお越しくださいませ。

      category:日々のこと | by:ando-guitarcomments(0)trackbacks(0) | -

      近くHP変更・更新します

      2018.10.28 Sunday 10:04
      0

        10月、通っているジムが大幅改装のため1ヶ月休館した。

        その間他のジムに行っている人もかなりいると人から聞いたが

        まぁそういう方はジム通いが日課になられてる方々らしい。

        ジム通いが日課でなく、時間があれば運動しよう程度の私には

        トレーニングをさぼるには十分ありがたい休館だった。

        それにこれは以前からなのだが、

        お世話になっている整体の先生からほめていただく状態というのが

        たいていジムで走ってなく、運動不足かなぁと思う時が多い。

        で、何をしていたか。

        今更ながらパソコン教室に通い始めた。

         

        私のホームページご覧になったことありますでしょうか?

        何? まだという方がおられますか、ではぜひ見てね。

        これ、本当にすばらしく、生徒であったachakoちゃんが作ってくれました。

        生徒であったという過去完了、お引越しされて生徒でなくなってしまった。

        にも関わらず、更新などもそうだし、

        発表会にも今だにいろいろ手伝ってくれています。感謝。

        しかしいつまでも甘えていてはいけない!

        そう思いつつ何年・・・ 

        せめて更新は自分でしたいと思っていた。

         

        このホームページは市販されているソフトを使って作成されているが

        私には難しくて一切いじることができないのです。

        本当はこのソフトが使えるようにと思ってパソコン教室の門を叩いたが

        そこでは無料HP作成ツールを使っての作成を指導しているとのこと。

         

        とにかく簡単に作れるというのでさっそく通い始めたというわけ。

        今回あらためて作成するにあたり、achakoちゃんが作ってくれた既存のHP

        じっくりとその構成・文面を見直しすばらしいと再度感心しました。

        あのHPができた当初、それを見た生徒さんの一人が

        「私には逆立ちしてもできない」

        って言ったけれど、本当によくできている。

        女性らしく、やわらかく、くどくなく読みやすい。

        当時作るに当たり、私は推敲を提出し打ち合わせたが、

        その時に私の原稿や思いを聞きつ、メモりつ

        「先生、それだめ」「一ページにはこのくらいの量」

        「スクロールして長くしてもだれも読まない」

        とか、いろいろ教えてくれた。

        そしてできあがったのが、想像以上の出来で感動した。

        私の立場にも立ち、アクセスする立場にも立ち

        組立が良く出来てるなと思った。

         

        というわけで、結局今回私は手抜き丸出しですが

        ほぼ完全移行という形で年内には新しいものに切り替わります。

        achako様今更ですが、本当に感謝です。

        category:日々のこと | by:ando-guitarcomments(0)trackbacks(0) | -

        カード不正利用とビッグデータの話

        2018.10.19 Friday 09:24
        0

          約3週間のエアコンなし生活という過酷な夏を過ごしたが

          その間にもう一つ大きなことがあった。

          すっかり忘れていたが、先日新聞(日経10/8)を読んでいて思い出した。

          その記事は『ビッグデータの理想と現実』というコラムなのだが

          その一部にカードの不正利用に対してのセキュリティのことが書かれていて

          それによると、カード一枚ごとの購買パターンを蓄積して、

          そのカードの使われ方を監視し、

          少しでもそのパターンから外れていると不正か疑い、確認をとる。

          日々カード会社は24時間そうしてチェックしているのだ。

          その対応のおかげで私はこの夏すぐに助けられたのだ。

           

          猛暑真っ盛りのある日の夕方カード会社から

          「不正利用された可能性がある」と電話が入った。

          カードの話なのでまずはこの電話そのものに疑いを持った。

          カードを落としたわけでもないから、はじめはなんのこと?という気持ちだった。

          相手は一つずつ「今日○○時○○分に××で△△円の購入をしたか」と

          3回の購買データを具体的に話してくれた。

          もちろんそんな買い物はしていないからすべて否定したので

          即座にそのカードは利用停止になったわけだけれど

          その対応の速さに驚いた。

          私の場合はその3回の不正利用がだいたい1時間半の間に行われ

          かかってきた電話は、最後の不正利用から30分も経過してなかったと思う。

          たまたまその日、その時間に私が在宅していたのも幸いした。

          「どうしてわかったのでしょうか?」という私の問いに

          新聞記事と同じように

          「24時間チェックしており、この度のは典型的なパターン」とのこと。

           

          その記事は先にも書いたようにビッグデータについてのコラムで

          日々私たちが耳にする「ビッグデータ」の話は

          それを企業が売上拡大につなげるというものが主流な気がする。

          amazonとかで買い物をときどきするけれど、その時に

          「この商品を購入した人が一緒に購入したもの」なんて表示があり

          購買パターンとか、町中ではポイントカードなどで

          私の行動パターンも読まれてるとなんとなく気持ち悪く思っているが

          今回の不正利用発見は私の買い物のしなささも少しは手伝って

          まさにビッグデータのおかげである。

          まぁとにかく素早いスピードで本人のもとにきた。

          30分未満ですよ。驚きであった。

           

          その日当初の予定ではその時間出かけて、

          しかもそのカードで買い物をする予定だった。

          しかし夕方からゲリラ豪雨みたいなことになり

          出かけるのを取りやめたのだった。

          もし予定の行動をしていたらばカード会社も

          その不正利用のあいだに本当の買い物が入って

          ちょっと迷っていたかしら、なんて思う。

           

          それでビッグデータの記事に戻りますけれど

          どちらかというとデータは売上拡大というより、むしろ損失縮小

          こちらの方に使われているらしい。

          過去の損失をパターン化して、次に似たパターンがあったら

          手遅れにならないように対策を取れるよう、とか。

          今回の不正利用チェックはまさにそちらですね。

          category:日々のこと | by:ando-guitarcomments(0)trackbacks(0) | -

          エアコン壊れました

          2018.08.04 Saturday 21:16
          0

            エアコン壊れました。

            木曜日夕方からの自宅でのレッスンができなくなりました。

            まずはエアコンの手配、う〜ん早くて20日待ち。

            帰宅してからレッスンできる場所探し。

            皆様にはいろいろご無理お願いしました。

            この3日間バタバタと動き、皆様にメールしと。

            暑さも加わって、なんだかわけがわからなくなってきた。

            扇風機にあたって寝たので、喉少し痛く、鼻水も少し。

            どうやら風邪っぽいのでしょうか。

            とにかく少しでも涼しい日が来ることを願います。

            エアコンが付く頃涼しかったりして…

             

            以前twitterで誰かがつぶやいていましたっけ

            「今年は春も早くきたし、梅雨明けも早かったから

             秋も早く来るといいなぁ」

             

             

             

            category:日々のこと | by:ando-guitarcomments(0)trackbacks(0) | -

            唇にあたる感触

            2018.08.02 Thursday 09:12
            0

              先日友人とランチをしていた店でドリンクバーがあったのだが

              そこのコップがなんと紙コップであった。

              店に案内されてすぐ出された水はきちんとしたグラスであった。

              私は正直、紙コップ紙皿が嫌いである。

              屋外でのバーベキューとか発表会の打ち上げなどでは仕方ないと思うが

              たとえば家でお客さんが多い場合でも紙の類は使いたくない。

              店舗を構えている店で紙コップかぁ。

              ファミレスだってグラスですものね。

              それはないだろうと思った。

               

              私はかなりのことはいい加減であるし、どうでも良いと思って日々生活している。

              サラダに入っているトマトの切り方だってかなりどうでも良い。

              しかし直接唇にあたるコップはできれば紙、プラスチックは避けたい。

              唇に当たった感触は味にも作用するでしょう?

              紙コップでビール飲む時の悲しさ、わびしさ、不味さ・・・

               

              20年近く前、オーストラリアのワイナリーをまわったが

              一軒たりともプラスチックコップなど利用しているところはなかった。

              ワインは本来、それぞれに合ったグラスがあるわけだけれど

              さすがに試飲でそんなに使い分けされていなくても

              すべてグラスだったし、試飲するごとにグラスは新しくしてくれた。

              赤ワインを飲み干したとしても、けっしてそれに白ワインなど注がない。

              めんどくさいとか、エコ(どっちがエコだか?)とかの理由で

              もし私が経営していたとしてもプラスチックも紙も利用しないだろう。

              そしてもちろんグラスも取り替える。

              ワイン買ってもらうのだものね、自分たちが生産したワインを

              おいしいと感じてもらう環境は用意するわねぇ。

               

              だいぶ前(6/6)の日経のコラムで作家の村田沙耶香氏が

              コーヒーショップで出される蓋がセットされてるコーヒー

              あれが苦手であるということを書いていた。

              どうやら飲んでいる最中に蓋があいてしまってこぼしてしまうらしい。

              それで蓋をあけて飲んでいるというが私もあけて飲む。

              私の理由は単純にあんな小さな穴から飲めるか。

              飲んだってちっとも美味しくはないのである。

              コーヒーの香りも穴からは感じられず、

              香りがわからなければ正直味もわからない。

              だって店の中できちんと座って飲んでるのだもの。

              でもまわりを見てもあけてる人、少ないのよね。

              私は味覚音痴ではあるのだが、

              この1センチ四方あるかないかの穴からのコーヒー

              けっしておいしいとは思わないのである。

              category:日々のこと | by:ando-guitarcomments(0)trackbacks(0) | -

              7月はこんなでした。

              2018.07.20 Friday 09:36
              0

                台風来てます。今月のこの暑さといい、西日本の豪雨といい

                世界中の異常気象、地球は急速に変化している気がします。

                とにかく前半は暑くてぼぇ〜っとし、パソコンに向き合うつもりもなく

                よって、ブログ書く気も起こらず…

                 

                8日の神奈川ギター協会のサマーフェスティバルはとっても楽しかった。

                合奏参加は前々回のフェスティバル以来でした。

                こちらステージにあがる直前の集合写真

                画像に含まれている可能性があるもの:15人、、椎野 みち子さん、Harumi Nakajimaさんなど、、スマイル、座ってる(複数の人)、室内

                男性は黒い衣装と決まっていたのですが、女性はドレスで色自由でした。

                直前の練習まで、いろいろ細かくご指導くださった中島先生

                そして若人たちに大変刺激を受け、勉強になりましたわぁ。

                大変良い思い出になりました。皆様に感謝いたします。

                中島先生、お写真、ありがとうございました。

                 

                フェスティバル一つ終わり、明日はプサルタリーミュージックフェスタ

                伴奏などの演奏もいたしますが、司会進行なので原稿チェックしてます。

                 

                おっと、24日火曜日は鎌倉花火大会でしたよ。

                今年は風がなかったためか、黒い煙ばかりでした。

                しかし、水中花火、なんだかカリフラワーみたいのが撮れました。

                毎年由比ガ浜の西側、坂ノ下の海辺のマンションの4階から見てます。

                今年ほど見えなかった年はなく、遠い親戚も集まっていたので

                花火よりも会話に花が咲きました。

                音ばかり聞いて、ひたすら食べまくり、しゃべりまくり。

                楽しいひとときでした。

                 

                 

                 

                category:日々のこと | by:ando-guitarcomments(0)trackbacks(0) | -

                下田では

                2018.06.16 Saturday 09:03
                0

                  下田は石廊崎まで行きまして、30分のクルーズ行きました。

                  私は泳げないのだけれど、船好き。ついでに島好き。

                  6年ほど前下北の佐井でクルーズして

                  海から陸地の景勝見ることが楽しいこと知りまして

                  以来遊覧船、クルーズなどというものには

                  必ず乗るようにしているのです。

                  あんまり良い写真撮れてなかったでした。

                  いろいろ撮った気がしたんだけれどな。

                  宿泊は弓ヶ浜の休暇村で朝の浜辺は人少なく。

                   

                  午前中は下田公園があじさい祭りというので寄ってきまして

                  まぁいろいろなあじさいが咲き誇っておりました。

                  これはバッシバッシ写真とって、名前もメモったけれど

                  家に帰ってきてどれがどれだかわからなくなった。

                  意味ない・・・

                  その後河津からバスに乗って七滝へ行きました。

                  何年ぶりだろう河津は。ま〜ったく記憶にない。こちら大滝

                   

                  干物とかも土産に買って帰りましたが、

                  電車待ちで時間潰した河津のスーパーで、メジナ買いました。

                  あんまりこちらでは売っていない(らしい、気にしたことない)

                  で、煮ましたよ。ちょっと大きい。美味しかったですよ。

                  最近煮魚うまくできるようになりました、ワッハッハ!

                  干物はね、伊東駅のそばの干物屋さんで鯖一夜干し買ったのですがすこぶる美味しかった。

                  あっフグも。

                  category:日々のこと | by:ando-guitarcomments(0)trackbacks(0) | -

                  梅 

                  2018.06.05 Tuesday 23:09
                  0

                    梅、梅に追い回されたここ数日。

                    近年で最高量、住まいにある2本、実家の3本。

                    合計したら14キロ強もあった。14キロ〜ッ!!

                    もうどうしていいか、頭がまわらなかった。

                    それがつい先ほどすべて処理しました。

                     

                    毎年『大変なんだよなぁ』と思いつつも何事も無駄にはしたくない性分。

                    この時期は自分のスケジュールを見ながら、

                    『いついつに収穫すれば、次の日は時間があるからできるな』

                    と計画をたて、大変と思いながらもまぁきちんとやっております。

                    しかし今年はまず10日ほど前、レッスンの合間に寄った実家で

                    兄嫁から「そろそろ黄色くなってきたわよ」と言われて

                    急遽その日に収穫。

                    もうしょっぱなから自分の意思が伴っていなかった。

                     

                    梅酒、梅シロップ(氷砂糖漬けね)、そして梅干

                    いつもこの3つになるのだけれど

                    今年は甘いのも作ってみたいとか小さいのはカリカリ梅

                    などといろいろ思ってしまったのが結果的に自分で自分の首を絞めた。

                    ネットで作り方検索すると作り方もいろいろあって

                    それが頭の中でごちゃごちゃになってしまった。

                    そこにこの量、何キロずつ何にするかでごちゃごちゃ。

                    木によって当然違うから、実を混ぜるわけにもいかない。

                    この梅は梅干にとか、こちらは氷砂糖とか考える。

                     

                    住まいの庭の梅は一昨日の日曜日の朝、夫が収穫してくれた。

                    いつも手伝うのだが、急遽それどころでなくなった。

                    その日は7月8日のフェスティバルの合奏の練習になっていた。

                    私は最近この合奏に参加することになり

                    楽譜は水曜日、初めて目にした。

                    『今日は練習初日だし・・』などと思い、いつものように収穫しようと思っていたが

                    5月の連休中に一度練習があったようでその模様がメールで送られてきた。

                    それが朝のことでして、それを見て慌てた。

                    もう梅収穫どころではなかったのでした。

                    まるでテスト前の一夜漬けみたいに楽譜とにらめっこ。

                    一夜漬けでなく浅漬けもいいとこ。

                     

                    というわけで、そのフェスティバルのご案内

                    7月8日みなとみらい小ホール 12時

                    神奈川ギター教会員によるサマーフェスティバル

                    皆様お出かけくださいませ。

                    合奏の曲目はチャイコフスキーの「くるみ割り人形」よ。

                     

                    7月はもう一つイベントが29日

                    こちらはプサルタリーミュージックフェスタ

                    こちらは埼玉ですけれどぜひぜこのプサルタリーの響き

                    お楽しみいただければと思います。

                    私はギターで、プサは弾かないのですけれど。

                     

                    今月末はメスレの収穫となりますかね。

                    category:日々のこと | by:ando-guitarcomments(0)trackbacks(0) | -

                    ハワイの土地

                    2018.05.28 Monday 10:23
                    0

                      週末の噴火でたぶん溶岩で埋もれたと思います。

                      前回のブログで赤かったところはピンクとなりましたが

                      「く」の字型のくびれあたりにあるであろう土地は

                      上の地図ですと赤くなりましたぁ。

                       

                      この土地、私が小学生のころ父が手に入れたものです。

                      父がどういういきさつで一度も見たことのないこの土地を入手したのか

                      今となってはわかりませんけれども。

                      お金を出して買ったのか、または仕事の取引か何かで担保として得たのか。

                      私が16歳の時に母が亡くなり、

                      父は将来的に母と過ごそうと思ったかは定かではないですが、

                      とにかく母が亡くなった後、売却しようとしていました。

                      インターネットもない時代ですし、国際電話も高かった。

                      おまけに英語も話せないので思うようにことが進まない。

                      なんとなくその状況を見いていた私は

                      「私が将来使うから、売らないで」

                      と言い続けるようになったのです。

                      もう、まったくのあこがれ以外、何ものでもない。

                      「ハワイ」「土地がある」それだけ。単なるあこがれ、夢。

                      父はその時「税金がかかってきているんですよ」と

                      強い口調で言っていましたが「将来私が使うのでおねがいします」

                      と、また私はかる〜くお願い。

                       

                      さて、年月流れて、父が亡くなり、兄に

                      「ハワイの土地どうする?」

                      「貴女、欲しいって言っていたじゃない。僕はいらない」

                      とバッサリと言われて、急に現実的な話となり頭を抱えたのでした。

                      名義書き換えはどうするんだ? だいたいどんな土地なんだ?

                      というわけで、実際に見に行って名義変更したわけす。

                      で、その時に見た風景が、テレビで流れた映像に似ていた。

                      『似てるけれど、ハワイ島のあのあたりなんて、どこ撮影しても

                       似たり寄ったりだろうから。近くってこともあり得るかなぁ』

                      というわけで、前々回のブログに書きましたように

                      ちょっと調べてみよう…となったわけでして。

                       

                      ふぅ、これからハワイ州がどんなお手紙くださるか待ちたいと思います。

                      8月には税金払わなくてはいけないし…。

                      category:日々のこと | by:ando-guitarcomments(0)trackbacks(0) | -

                      Calender
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>
                      読書メーター
                      寿里子さんの読書メーター
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recommend
                      翻訳できない世界のことば
                      翻訳できない世界のことば (JUGEMレビュー »)
                      エラ・フランシス・サンダース
                      素敵な絵本のようでした
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      あなたの中のリーダーへ
                      あなたの中のリーダーへ (JUGEMレビュー »)
                      西水 美恵子
                      はじめ文体に慣れるのに苦心しましたが、
                      パッションある一冊です
                      Recommend
                      Recommend
                      カラスの教科書
                      カラスの教科書 (JUGEMレビュー »)
                      松原 始
                      イラストもかわいい!
                      楽しい本でした。
                      Recommend
                      陳麻婆豆腐調料(麻婆豆腐の素) 50g×4p
                      陳麻婆豆腐調料(麻婆豆腐の素) 50g×4p (JUGEMレビュー »)

                      うちはもっぱらこれを使う。
                      山椒も入っていてチョ〜しびれます。
                      実は辛いものが苦手な私。
                      Recommend
                      Recommend
                      遺伝子の不都合な真実: すべての能力は遺伝である (ちくま新書)
                      遺伝子の不都合な真実: すべての能力は遺伝である (ちくま新書) (JUGEMレビュー »)
                      安藤 寿康
                      兄が本出しました。
                      今までのは難しくて、結局読みきれなかったけれど、
                      今回は読めるかも。
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM