庭が春になっていました

2017.04.09 Sunday 13:53
0

    月末から今月の第1週まで、発表会を皮切りに(正確にはリハ日から)

    忙しかった日々が一段落しました。

    それぞれの記事は時間を作ってゆっくり書くことにします。

     

    今年はウグイス、2月末からほぼカンペキなホ〜ホケキョと鳴き、

    つまりホ〜、とかホ〜ホケッという練習期間を聴くことなく、

    きちんとした音程のウグイスの声に毎朝私は布団の中で

    「おじょうず、おじょうずです」と褒めたたえているのですが

    それ以外の春を味わうことなく忙しく過ごしてしまった。

     

    久しぶりに庭にでたら、スノーフレイクもレンギョも咲き誇り、

    ヒヤシンスもフリージアも咲いていた。

    畑も絹さやが花をつけたので、実になるが楽しみだ。

    今の一番の楽しみは庭のあちらこちらに出ている三つ葉、

    ほったらかしなもんだから、庭のいたるところにあって

    それを天ぷらや卵とじで食べることなのである。

    3月中頃まで晴天続きで育つ環境がかわいそうだった椎茸も

    芽を出しはじめた(いや頭というべきか)最近になって

    雨に恵まれうれしそうに大きくなった。よかったなぁ。

    これからの私たちを支えてくれるものたち、

    感謝して食べていきたいと思います。

    あっ、メスレは昨年枝をだいぶ切ったので、

    なんとなくお花少ないです。

    昨年のような豊作にはならないかも…

     

    おすそわけとも思うけれど

    2016.06.17 Friday 16:03
    0

      昨日ハクビシン被害にあっている書いたが

      昨晩もしっかりやられてしまった。

      彼らは寝静まった頃にやってくるわけでなく

      昨晩はたぶん22〜23時ころにやってきたのだろう。

      私たちがの〜んびりテレビなんか見ていたころだ。

      24時ころにちょっと庭おりていってみたら

      なんと20個ほど食い荒らされたあとが道路に落ちているではないか。

      ぎゃ〜、やられた。しかも私たちがまだ起きている時間帯に!

      窓は網戸にしてあったけれど、雨も降っていたし、

      すぐ近くでムシャクシャと食べているなんて気づかなかった。

      地面にも木の枝にも食べ残した皮が落ちていたり引っかかっていたり。

      枝にひっかかっているメスレの皮見ていたら

      「どうせ、こんなふうにするなら鬼平に出てくる盗賊みたいに

       『○○参上』みたいに札貼ってってくれって言うのっ!」

      と思わずつぶやいてしまった。

      とにかく自分たちが起きているあいだにやられたのがくやしい。

      寝ていて気がつかなかったねぇなら仕方ながないと思えるもの。

      ニュース番組見ながら

      「イチローはすごいねぇ。ピートローズは何言ってんの?

       日本の野球のレベルはアメリカ並みに達していないって?

       アメリカの球場の方が大きいの? ダイヤモンドも大きいの?

       走る距離が長いっていうの? 

       むしろからだの小さいイチローの日々の努力のほうがすごくない?」

      とブリブリと文句を言っていたころだ、きっと。

      そのころにハクビシンに食われたんだ。

      今日の昼収穫しましたけれど、鳩がやってきました。

      食べたかったのか、巣を作りたかったのか…

      スズメもメジロもカラスもタイワンリスも蜂も

      み〜んなやってくる。

      おすそわけと思っていますけれど、

      食べてくならきちんと食べてってね。お願いっ!

      庭からの収穫に感謝

      2016.04.29 Friday 08:55
      0

        今年のメスレはたぶん豊作かなと思っています。

        ちょっと見たところたくさんついているし、落実もあまりしていない。
        でも成長が早いかな。
        6月を皆さん、待っていてね。

        庭の作物もよく育っています
        ソラマメも順調に成長している。
        2日前の写真(夫が小さくてかわいいから写真撮ってほしいというので)

        私の人差し指くらいに育っていました。かわいいね。

        今私がちょっと楽しんでいるのが、

        庭のあちらこちらに成長している根ミツバ。
        これの卵とじ。それと天ぷら。
        なんだかひもじそうな食生活だが、もうひとつ。
        新芽をだしたお茶の葉っぱのこちらも天ぷらもおいしかった。
        豊作のきぬさやも毎日食べてる。
        庭からの収穫に感謝。

        あっ、それで前回のかわいらしい黄色いお花の名前ですけれど
        「きらら」というそうです。

        春ですね。

        2016.03.20 Sunday 08:24
        0
          この2〜3日の暖かさでメスレの花が咲き始めました。
          今年は豊作だと良いなぁ。収穫は大変だけれど。
          絹さやもどんどん背が高く伸びてきて、白い花を咲かせているが
          ヒヨドリが新芽をついばみにやってくる。
          「こりゃっ! 何するっ!」と気がつけば追い払うのだけれど、
          こちらが彼らに気がついた時のヒヨドリの態度がなんだか憎らしい。
          小鳥だと窓を開けた音とかで、「あっ、やばい、見つかった!」
          という感じですぐに飛び立つのに、ヒヨドリは違うのだ。
          トボけたような首のかしげ方をして
          「何かぁ? 何もしてませんけれどぉ」
          みたいな顔つきで憎らしいのだ。
          こちらが次の行動を示さないと飛び立たないのである。
          単純に鈍いおバカさんなのかもしれない。
          数年前にブログに書いたが、メスレを収穫しているとき
          夫が採ろうと手を伸ばした実をヒヨドリがつつこうとしていたという。
          目の前にいる人間に気がつかないどんくささ。

          話変わって今年のウグイスは大変お上手です。
          3月1日からその声を聞くようになったが、
          いきなり「ホ〜ホケキョ」であった。
          毎年「ホ〜」とか「ホ〜ホケッ」の期間が長く続くのだが
          今年は私が気がついた時から音程の安定した「ホ〜ホケキョ」
          勢いついてその先も一言二言追加されていることもある。
          私には「ホ〜ホケキョ、よ」「ホ〜ホケキョ、ね」
          「ホ〜ホケキョ、どう?」みたいに聞こえて
          毎朝おもしろくて仕方ながない。

          多くの鳥たちがやってくる。
          春本番ですね。

          朝からこんなこと書いていますが、
          今日は「第9回ちょっと弾いてみよう会」
          13時から戸塚区多目的スペースで行います。
          今回はラストに私もちょっと演奏します。
          生徒の皆さん、ベストをつくして演奏してください。

          なめこ です

          2016.02.07 Sunday 14:10
          0

            もう20年近くしいたけ栽培しているが、
            昨年からはホームセンターにキットで売られてるなめこもやっている。

            なかなかきれいでしょ。で、こんなかんじでできるの。

             

             

             


            キット、全貌はこちら。

            だいたい1,000円くらいだったと思います。
            なめこが採れる、と友だちに話をしたら、どんなの? どんな風に?
            ということでしたので、写真撮ってみました。
            これがビニール袋に入っておりまして、ちょっと温室みたいな状態を保つ。
            時々霧吹きでお水をかけるみたいですよ。
            (そう、私が管理しているのでないんで…)
            ここ1ヶ月くらい、週に2回くらいお味噌汁になっています。

            昨日は長芋ほりに。昨年、ちょっと夢中になった

            きれいに撮れてないですね。これに苦闘すること20〜30分。
            これ、ブロックにたてかけたのでないのですよ。
            まだほっている途中です。
            結局60〜70センチくらいはあったと思うから、そのくらい掘った。
            途中折ったら元も子もないので慎重に、まるで発掘調査のよう。
            売り物にできるくらい立派です。
            今年は筒で横に、というのはお作りにならなかったようで
            この無心になって掘り続ける、腰もしんどい方法でした。
            それ以外にも桜島大根いただきまして
            帰ってから重さ量ったら約5キロありましたわ。
            感謝。

            初 そら豆

            2015.05.13 Wednesday 09:40
            0
              まだ5月だというのに台風が通過するなんてという昨晩でした。
              正確には温帯低気圧になってはいましたが、
              強い風雨が夕食後くらいからずっと続きました。

              今年初めて挑戦したそら豆で、台風の前にちょっと収穫したよ。
               
              感激! 感激! 
              皮もやわらかく、茹でて皮ごといただけました。

              まったく話は変わりますが、
              この夏長野へちょっと行こうかなと友人に話したら
              連休中に長野へ行ったというその友人から地図をいただいた。
              それがすばらしくって、今、食卓のビニールクロスの下に敷かれているが、
              毎日毎日、これを眺めて感動しているのでご紹介したく・・・。
              タイトルは「な・に!? うみやまイラストマップ」というのだけれど、
              「な」は長野の「な」、「に」は新潟の「に」です。
              よかったら見に行ってみて。
              なにマップ完成写真(圧縮)
              http://blog.nagano-ken.jp/nagachi/nagachi/shokan/4319.html

              こんなに楽しい地図は初めてだ。どなたが描いたのだろう。
              私の感動を直接お伝えしたいくらいだ。
              ぜひぜひ、全国版で作ってほしいが大変だろうなぁ。
              大きくして見られるかなぁ。
              本当、どなたが描いたのだろう、握手して感動したことを伝えたい・・・。

              鉄瓶

              2014.12.28 Sunday 08:31
              0

                鉄瓶を譲っていただきました。
                これで沸かした湯でお茶を飲み始めて5日ばかり。
                いやぁおいしい。

                鉄瓶ほしいと1ヶ月ほど前から話をしていたのです。
                すると先週友人から電話がありまして
                「会社の茶道部が解散して、鉄瓶あったのでもって帰ってきたの。
                 この間鉄瓶ほしいって言っていたでしょう?」
                すぐに取りに行った。箱から出してまずは一目惚れ。
                なんて愛らしい形をしているのだろう。
                その日は何度も何度も撫でて話しかけていた。
                「可愛いねぇ〜。うちに来たのも何かのご縁だからよろしくねぇ」
                2〜3日、沸かしては捨て沸かしては捨てしてから、
                いつも使っている普通の安い茶葉なのだけれど入れて飲んでみた。
                びっくりするくらい違う。味覚音痴の私にもすぐわかった。
                たぶんこの小さな注ぎ口からゆ〜ったりとお湯が注がれるからだと思う。

                静かにストーブの上で今も小さな音を出しているが、
                今までその茶道部で上品にゆったりと仕事をしてきたこの鉄瓶は
                今、毎日何リットルも湯を沸かす日々である。
                果たしてどう感じているのだろうとお茶を入れるたびに思うのだ。
                「私はこんな安物の茶を入れるために生まれてきたんじゃないわっ」
                かもしれないし、「このままどこかに捨てられたかもしれないから、
                こんな使い方されるのでもいいから湯が沸かせるならいいわ」
                と思って働いてくれているかもしれない。
                とにかく、たった1週間で私の心を捉えた素敵な鉄瓶です。

                やはり心です。

                2014.09.14 Sunday 08:26
                0
                  先日親戚の夫妻が今年金婚式を迎えたので
                  兄夫婦と私たち夫婦、6人で祝宴をしました。
                  予約時に3ランクあるコース料理からどれにしたものか、
                  金婚式のお祝いっぽく…などいろいろ私の相談にも
                  丁寧に説明もしてくださったそのお店は
                  住宅街に普通にある家で経営をしている
                  マックス20名、3テーブルという和食のお店でした。

                  いやいや、素晴らしかったです。いろいろと。
                  それであらためて「もてなす」とか「感謝する」とかいういことを
                  翻って考えさせてもらったのでちょっとそのことを。

                  その店は今回が初めての訪問。ネットで空席状況がわかる。
                  私は早いうちから予約をしたから、
                  その時はまだほかのテーブルも空いていた。
                  日が迫ってきたあたりに夫がチェックしたら「満席になったよ」と。
                  「ふ〜ん、そう」と返事したが、
                  私はなんとなく「満席にしたのかも」と思った。
                  店に入りすぐにセッティングされているテーブルがひとつであったから、
                  「あぁやはりうちだけだ・・・」

                  いや、お店の方のお考え、本当のことはわからない。
                  昼がものすごく忙しかったとか、翌日にすっごい料理をたのまれているとか、
                  事情が他にあったのかもしれないが、予約の段階での会話から察せられる
                  ご主人の感じから、ほかのお客様を取らないかもしれないと思ったのだ。
                  本当のところはわからないが・・・。

                  ひと皿ひと皿の料理について、ここでつらつらと書くつもりはない。
                  あの空間、時間、料理、奥様の接客、そしてご主人の接客。
                  これらすべてがこのお店の「もてなし」であったことはいうまでもない。

                  この祝宴は私たち兄妹の夫婦が叔父夫婦を「もてなし」たものだが、
                  初めての、あったこともない客である私たちの思いを
                  すべて代弁して祝宴の席を提供してくださったという思いであった。

                  私が子どもの頃に比べるとはるかに安価に、そして簡単に
                  そこそこ美味しいものが食べられる時代だ。
                  しかしそれは無意識のうちに、単純に「価格=料理」として
                  考えてしまう部分がある。

                  今回のような夕食の会、そうそうあるわけではないが、
                  私たちの叔父たちへの思いを、お店の方々が助けてくださったと思っている。
                  心なのだなぁとつくづく思ったのだ。

                  そうそう、話はちょっとそれるが、先日、某方からお便りいただきまして、
                  それがこのような書状でした。

                  もう手が震えちゃいまして、時代劇女の私としましては、
                  このお便りを長谷川平蔵がやるように(ってあんまりやならいか)
                  バサッ、サ〜ッと広げる仕草、もう何回もやっちゃいました。
                  (バサッは書状をまず解く仕草、サ〜ッは左手をそえて広げる仕草ね)
                  どうやったらかっこいいかって練習です。
                  誰に見せるわけでもないのに…アホ。

                  このお便りも書状そのものもこのようにすばらしいのですが、
                  お読みしていて本当に恐縮してしまう、
                  心のこもったものでした。

                  というわけで、今週はしみじみ、心を感じたというお話。
                  感謝。

                  美しい花だと思ってる

                  2014.07.26 Saturday 15:21
                  0
                    梅雨明けして急に暑くなりました。
                    私はなんだか水ぶくれなのか、体重が重いです。
                    来週は3回もお食事会があるので、それ以外絶食せねば・・・
                    なんてできるわけありません。

                    さて、私はまったく花に弱く、花の名前は覚えられません。
                    あまり花に興味がないともいえるのですが、
                    最近綺麗だなと思っている花をご紹介しましょう。
                    こちらでございます。


                    おわかりですね、画面をよ〜く見てね、そう、オクラです。
                    いつも「きれいだなぁ〜」と思って見ているの。
                    きちんと観察しているわけではないからわからないが、
                    たぶん1回しか咲かないのではないかしら。
                    それで、できたオクラがこちらなのですが、

                    このようにヒゲがツンツンあるのでした。知らなかった・・・。
                    よくばって大きく育てようとすると硬くなってしまうから
                    ほどほどのところで収穫します。
                    たくさん苗があるわけではないので、いっぺんに収穫できるわけでないから
                    1本とか2本とか食べる。感謝、感謝。

                    梅干しもきれいに干しあがりましたよ、Mさん!

                    リスの写真撮りました。

                    2014.07.14 Monday 16:37
                    0
                      すっごく豊作でもなかったメスレですが、10日ほど前にすべてなくなり、
                      忙しさもひと段落しました。ふぅっ。
                      豊作であろうがなかろうが、とにかく2週間くらいのあいだに収穫し、
                      どんどん熟すから皆さんにお配りしたり、煮たりするのね。
                      今年はしつこいようですけれど、ハクビシンとリスが連日来ました。
                      ハクビシンは夜行性だし、2回会ったけれど写真撮るのはむずかしい。
                      リスは昼間来るので、写真撮りました。

                      わるいが、ち〜っともかわいくない。
                      何匹ものリスが、メスレをくわえてどこかに持っていった。
                      私たち人間の大きさから考えるとすいかをくわえてるような大きさだ。
                      いくら種があるとはいえ、2個も食べたら満腹でうなっちゃうだろうし、
                      お腹もグルグルゆるんじゃうのではないだろうかと思う。

                      このケーブルの上をリスもハクビシンも通るのでした。
                      2度目にハクビシンに会ったときには、まったく逃げようともしないで
                      じっと私を見ているので、木をゆっさゆっさ揺すってやった。
                      やっとどこかへ行ってくれた。

                      次はトマトが赤くなり始めたから、気をつけなければと思っています。
                      今年は種を蒔いた時期が良かったのか大葉が豊作でありがたい。
                      私は毎日「今の私のからだは大葉で出来ている」とつぶやくくらい、
                      自分としてはよく食べていると思う。
                      早く梅雨明けしないかな。梅干し早く干したいしね。

                      なんだか他に書くことあったような、なかったような・・・。
                      とりあえず、リスの写真見たいって方がいたのでアップしました。

                      Calender
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>
                      読書メーター
                      寿里子さんの読書メーター
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recommend
                      翻訳できない世界のことば
                      翻訳できない世界のことば (JUGEMレビュー »)
                      エラ・フランシス・サンダース
                      素敵な絵本のようでした
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      あなたの中のリーダーへ
                      あなたの中のリーダーへ (JUGEMレビュー »)
                      西水 美恵子
                      はじめ文体に慣れるのに苦心しましたが、
                      パッションある一冊です
                      Recommend
                      Recommend
                      カラスの教科書
                      カラスの教科書 (JUGEMレビュー »)
                      松原 始
                      イラストもかわいい!
                      楽しい本でした。
                      Recommend
                      陳麻婆豆腐調料(麻婆豆腐の素) 50g×4p
                      陳麻婆豆腐調料(麻婆豆腐の素) 50g×4p (JUGEMレビュー »)

                      うちはもっぱらこれを使う。
                      山椒も入っていてチョ〜しびれます。
                      実は辛いものが苦手な私。
                      Recommend
                      Recommend
                      遺伝子の不都合な真実: すべての能力は遺伝である (ちくま新書)
                      遺伝子の不都合な真実: すべての能力は遺伝である (ちくま新書) (JUGEMレビュー »)
                      安藤 寿康
                      兄が本出しました。
                      今までのは難しくて、結局読みきれなかったけれど、
                      今回は読めるかも。
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM