話のわかる猫だったのはたぶん

2017.11.05 Sunday 09:24
0

    数回前に書いていたジュチという猫についてもう少し。

    彼女のことを「話のわかる猫」と何度か書いた理由ですけれど。

    彼女はやはり飼っていたミュウと名付けていた猫から生まれた。

    つまりオギャ〜と生まれた時からうちにいたわけだ。

    ミュウの2度目の出産(1度目の出産の話はまたいつか)

    このとき4匹生まれ、その一匹がジュチであった。

    名前の由来は当時読み終えた井上靖の『蒼き狼』

    ジンギスカンの息子ジュチから名付けた。

    すごく頼りになる男で生まれてきた猫に絶対つけようと思っていた。

    生まれてきたのは3匹のメス、1匹のオス。

    そのたった1匹のオス猫はアメリカンショートヘアみたいな

    大きな柄の白黒模様に真っ白なソックスを履いた猫だった。

    その靴下足のためにピッピと名前がついてしまったため、

    メスであったけれどジュチと名付けられたというわけ。

     

    で、私が思いますに、彼女目を開けた時から私たち人間と一緒で

    たぶん「私たちは同種」と思っていたのではないかと。

    私が外出先から帰るとニャ〜ニャ〜と言いながらついて歩くので

    お腹がすいていると思い、餌をだしたりするが食べない。

    まだついて声を出しているから、頭を撫でて

    「そう、そうだったの。留守の間にそういうことがあったのね」

    と話かけてやるとおさまるのである。

    「あなたの言うことはわかるのに、なぜ私の言うことがわからないの?」

    ときっと彼女は思っていたに違いないと感じた。

    そして先に書いたチャッピーを嫌っている素振りは

    本当に「私はこんなのとは一緒ではありませんっ!」

    くらいの勢いがあった。

    とにかくよく話しかけられ、わからないけれど答えてあげるとおさまる。

    (たぶん「ミナコ、トンチンカンな返事しやがって」と思っていたかも)

    そしてきちんと話をすれば理解するようにふるまうし、

    だいたい、こちらが怒ったりするような悪さは一切しなかった。

     

    一方寿里子はそんなに話しかけてくる猫ではなかった。

    ノラ猫から昇格〈?)させてもらってぶをわきまえた猫だった。

    私たち夫婦のあいだで気を遣いながら生活していたと思う。

    どちらかというと空気を読んでいた猫。

    ジュチは気位高く、でも話せばわかる猫。

     

    で、オス猫ピッピはまったく頼りにならない男となり、

    うちよりもお隣の私と同じ年の女性のところに入り浸り、

    オス猫としても猫社会ではまだ子どもなんでぺぇぺぇ。

    ある日まるで手下のように他の猫の後をついて歩いていて

    情けない男だなぁと思ったものでした。

    そのうちどこかへ消えてしまいました。

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    読書メーター
    寿里子さんの読書メーター
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    翻訳できない世界のことば
    翻訳できない世界のことば (JUGEMレビュー »)
    エラ・フランシス・サンダース
    素敵な絵本のようでした
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    あなたの中のリーダーへ
    あなたの中のリーダーへ (JUGEMレビュー »)
    西水 美恵子
    はじめ文体に慣れるのに苦心しましたが、
    パッションある一冊です
    Recommend
    Recommend
    カラスの教科書
    カラスの教科書 (JUGEMレビュー »)
    松原 始
    イラストもかわいい!
    楽しい本でした。
    Recommend
    陳麻婆豆腐調料(麻婆豆腐の素) 50g×4p
    陳麻婆豆腐調料(麻婆豆腐の素) 50g×4p (JUGEMレビュー »)

    うちはもっぱらこれを使う。
    山椒も入っていてチョ〜しびれます。
    実は辛いものが苦手な私。
    Recommend
    Recommend
    遺伝子の不都合な真実: すべての能力は遺伝である (ちくま新書)
    遺伝子の不都合な真実: すべての能力は遺伝である (ちくま新書) (JUGEMレビュー »)
    安藤 寿康
    兄が本出しました。
    今までのは難しくて、結局読みきれなかったけれど、
    今回は読めるかも。
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM