こういう本屋もあるのね

2018.04.24 Tuesday 18:19
0

    昨晩NHK『プロフェッショナル仕事の流儀』で1軒の町の書店をやっていた。

    新聞のテレビ欄に「注文殺到!3000人待ちの本屋」とあり

    本屋で3000人待ち? どういうことだろうと思って見始めました。

    一万円で店主さんが本をみつくろって送ってくれるというもの。

    それが3000人待ちということだ。

    面白い内容の番組でした。

     

    私は常日頃積み本がたくさんあるので、

    番組の冒頭では読む本を探すという行為

    しかもそれを人に依頼するということがわからなかった。

    私の周りには読書家さんがたくさんいるし

    新聞からでもたくさん本の情報は得られる。

    ここで依頼する人にはそういう友だちとかいないのかなぁと単純に思った。

    でも番組が進むうちにいろいろなことがわかってきて

    それは興味深く、また面白い発見だった。

     

    店主さんは「カルテ」と読んでる調査書を依頼主からもらっている。

    読書歴とか辛かったこととかうれしかったこととか

    家族構成とかもきっと聞いているだろう。

    かなりの量のカルテから、会ったことのない依頼者の人となりを考え

    店主はこんな本をこの人に読んでもらいたいと選ぶのだ。

     

    番組から察するに、依頼される人の多くは

    悲しみや苦しみの中にいるようで店主さんも

    「暗い本は選ばない」というようなことをおっしゃっていた。

    売れている本を売るのでなく、読んでほしい本を売る本屋さん。

    こういう商売の仕方も専門書を扱うわけでない

    一般の町の本屋でもできるのだなぁ。

     

    しかし強く印象に残ったのは依頼者さんたちの文章力とでもいうべきか。

    断片的に映し出されたカルテの映像やお礼状。

    その文面たるやなかなか文学的でびっくりであった。

    どんな設問が書かれてあるかはわからないが

    何日もかかって書くような数枚のカルテ。

    読書歴も20冊くらいはあげなくてはならない。

    読書家であり、それによって培われたであろう表現力。

    きっとカルテを書くだけでも、

    依頼者はご自身を客観的に見ることができてしまっただろう。

    ベストセラー本でなくて、遠くの地の会ったこともない本屋さんが

    私のことを考えてみつくろってくれるおすすめ本。

    わくわくしてその到着を待っていることだろう。

     

    その本屋さん、それだけの付加価値がついているのに

    本と送料の実費しかおとりになってないそうです。

    本を選ぶためにはご自身がたくさん読んでなければならない。

    小さな頃からたくさんお読みになっているらしいが

    それでも大変な毎日でしょうねぇ。

    「本を読んで自分の中の正しいことをみつけてほしい、本は味方だから」

    これが店主岩田さんのメッセージだった。

    聞いてみてよ

    2018.04.14 Saturday 10:39
    0

      今やっているNHKの朝ドラ

      主人公の女の子は左の聴覚がなくなるのですが

      その左耳の耳鳴りがひどいらしい。

      それが私が9年前に突発性難聴をしたときとソックリ。

      「やっぱりいるんだ、こういうの!」

      その耳鳴りのすごさの表現がほぼ同じだった。

       

      私は難聴と診断されて治療が始まり

      数日してから片方の耳鳴りがひどくなった。

      耳鳴りというとキ〜ンというのをイメージする場合が多いが

      スズメ(朝ドラの女の子の名前)が「小人がいる」と表現した。

      私もそうだった。私の耳の中で小人が生活している、と。

      彼女はその小人が踊っているような賑やかさらしいが

      (それが今朝の放送でよく伝わったけれど)

      私は小人が掃除機をかけているというゴ〜ッといううるささだった。

       

      私がまったく彼女と同じだと思ったのは

      昨日のシーンだけれど仲良しの男の子に

      「聞いてごらん」と言ってお互いの耳と耳を寄せ合ったのだ。

      私も当時、あのうるささは外の人にも聞こえているだろうと思ったくらい。

      「耳の中に小人がいて掃除機をかけている、すごいよ、

       私の耳に耳を寄せて聞いてみて、聞こえるでしょ」

      とどれだけ言いたかったか。

       

      スズメちゃん 寝るときうるさくないのだろうか?

      実は私はそれが耳栓をするとおさまったのだ。

      これは自分でも不思議で当時そのことをネット検索したが

      何時間もかけてひとり、同じことをしている人にあたった。

      その人はそのことを主治医に話して罵倒されてショックだったと書いていた。

      耳の中で起きていることなのに、

      耳栓で静かになるなんてありえない、ということだろう。

      あぁ、私だけじゃなかったのねぇ。

      category:日々のこと | by:ando-guitarcomments(0)trackbacks(0) | -

      革ジャンのリフォーム

      2018.04.11 Wednesday 08:45
      0

        長年愛用している革ジャンの裏地総張り替えのリフォームを出した。

        洋服の裏地、すべて取り替え、これだけでも1万円以上というのが相場らしい。

        そんなこともまったく知らないままリフォーム店へ行った私。

        以前もちょっとしたリフォームをお願いしたこともある

        ベテランのご婦人が対応してくださった。

        「皮ですね、う〜ん、ちょっと上の者に聞きますのでね」

        と社長に電話をかけ確認するという。

        私はその間買い物に出て20分ほどして戻ると

        「普通のジャケットの裏地でも15000円するのです。

         革ジャンはその3倍はと上の者に言われたのですけれど、

         『私、お客様にそんなこと言えません』と言ったらば

         『ではあなたに任せるわ』と言われてしまって…」

        「そうですか…、それでおいくらでしたらやっていただけますか?」

        「○○○○○円(ここはちょっとご想像に)でいかがでしょうか」

        「・・・・ちょっと考えます・・・・」

         

        店を出て5m、10m、15mと進む歩調はどんどん遅くなる。

        結局その10分後には店に戻ってお願いすることになった。

        そのベテランのご婦人、穏やかな優しい笑顔で

        「たいへん大切に着てらしたのがわかります。そんなに長く着ていて

         皮の状態が非常に良いのはお手入れされていたのですね。

         本当に大事にしてらっしゃるのね。

         その値段出してももうこんなに良いもの買えません」

        実は5〜6年前に擦り切れているその裏地

        同色の別布で直した部分が数カ所ある。つまりツギハギ。

        その時にボタンも取替え、ミンクオイルで手入れはした。

        その程度の手入れで、大切にしていらしてとおっしゃって頂き少し恥ずかしかった。

         

        その後、お仕事上、着物もリフォームされるし、

        その一点一点に持ち主のいろいろな思いが詰まっているのを感じ

        こんなこともある、あんなんこともあったと話してくださった。

        そして私も何度も「よろしくお願いします」と言い

        彼女は何度も「お手伝いさせていただきます」と言ってくださった。

        何だか泣けてきてしまい、ウルウルした目をぬぐった。

         

        「あの、裏地はどんなのでもかまいません」

        私としては、適当に余っている裏地で良いのであった。

        でも彼女即答してくださった。

        「もう考えている裏地があります」

        私が持ち込んだときから既に考えていてくださったのだな。

        ここでも泣けてしまった。

        「お手伝いさせていただきます」

        がこのご婦人の仕事に対しての心なのだ。

        秋口くらいまでかけてゆっくりやっていただくことになった。

        良い方に巡りあったなぁと、まだ夏も来ないのに

        寒くなってまた革ジャンの季節が来るのが待ち遠しくなった。

        category:- | by:ando-guitarcomments(0)trackbacks(0) | -

        うぐいす どうしてるのだろう?

        2018.03.19 Monday 11:27
        0

          そういえば今年はまだうぐいすの声を聴いていない。

          夫は「聴いたよ」と言っているが私はまだである。

          どうしたのだろう。

          私が毎年批判めいたことを言っているのがうぐいすにわかったのか。

          いやいや、昨年は大変上手だったと記憶している。

          練習期間らしき、ヘッタクソな声がなくて

          2月からいきなり美声でホ〜ホケキョと言っていたではないか。

          その子孫は今年はいないのだろうか?

          だいたい2月末には明け方からよく練習しているのが聞ける。

          明け方、仮に私がよく寝ていて聞き逃したとしても

          午前中ちらりちらりとあちこちから聞こえるのに。

          今年はどうしているのだろう。

           

          庭の草むしりを久しぶりに真面目にやった。

          これからの楽しみは自然に伸びてくるみつばである。

          今週末には食べられるかな。卵とじ、天ぷら…。

          メスレの花も五分咲きになりました。

          メスレは桜より一足早く咲きます。

          桜の花にそっくりで、道を歩く人は「桜かしら?」と思う。

          桜のように花が散ってから葉が出るのでなく、

          花が咲き始めた頃に新緑の葉も少しずつ大きくなってくるの。

          今年はたくさん実がつきますように。

           

          category:日々のこと | by:ando-guitarcomments(0)trackbacks(0) | -

          話ができるようにしたいものです

          2018.03.14 Wednesday 10:33
          0

            先週は嵐のような雨の日が月曜日、木曜日とあって

            おひなさまを片付けることができなかったが

            今週は良いお天気だったので朝から掃除をし

            おひなさまにも御礼を言って箱に納まっていただいた。

            今年はちょっと弾いてみようKAIが2月上旬だったので

            その準備のためにおひなさまを出すのがすっかり遅れた。

            だからちょっとばかり長めにいて頂いたがそれも良し。

            持っていても飾らない、めんどくさいという人も多いが

            私はこういう面倒なことが案外好きである。

            基本的には私はものすご〜くめんどくさがり屋なのだけれど…。

            実家にいけば五月人形もあるから飾ってあげたいといつも思う。

            お着物の虫干しなんかも好きなのだ。

            あれ、話がどこかへ行ってしまった。

             

            中学生のお子さんをお持ちの生徒さんのお話。

            まったくうなずけるのでちょっとそのことを。

            なんの話からだったか覚えていないが

            今時の子には将来の夢がユーチューバーというのもいるという。

            私は音階やアルペジオの指慣らしをその生徒さんとしながら

            「ということは、そんなに今の子どもはyoutube見てるってことね」

            小学生からスマホを手にしているというから

            そんなことお茶の子さいさいという子どもも多いらしい。

            しかしそんな子が存外乗換検索とかできず

            先日子どもたちだけで出かけたとき

            その子とそのスマホは皆の役に立たなかったという。

             

            お話した生徒さん(お母さん)はまだ子どもにスマホは与えていない。

            電車でどこかへ行くときにはメモ用紙に

            「何番線の○時○分の電車」と書いて渡している。

            もしも時間通りに来なかったり、何かあってわからなかったら

            駅員さんに聞きなさいと話しているという。

             

            何をそんなこと、ネタにしているのかと思われるかもしれないが

            私たちの時代のこんな当たり前の行動が

            スマホのおかげで行われなくなっているわけで。

            私がすごくうなずけたのはその先のお母さんの言葉だった。

            「わからなかったら周りの人に尋ねる、話しかける、

             そういったことを教えることのほうが大事だと思うのです」

            ほんと、そうだわねぇ。

             

            私も子どものころ、こういう時はこういう人を探し

            例えば駅なら駅員さん、優しそうなおばちゃんとか

            そしてこう言ってたずねなさいと親から言われたことがある。

             

            青木玉の『小石川の家』という本には

            お届け物のおつかいに出されたときのことが書かれてあり

            では行ってきますと出かけようとしたら母幸田文に呼び止められ

            「あなた、ご口上は?」と聞かれたということが書かれてあった。

            えっ?と思っていると、あちらへ伺ってなんと言うのか。

            出かける前に今ここで言ってから出かけなさいと。

            私はそれを読んだとき「ひぇ〜、こわっ」と思ったものだが

            私自身そのような教育をきちんとされてきたとは思わないから

            後々いろいろと恥ずかしい思いも数多くしている。

            ちょっとした話し方、尋ね方、そして考え方。

            教わっておくことは大切ね。

            まずはご挨拶からきちんとね。

            私、生徒の子どもたちにはそのへん厳しいよ〜ん。

            category:日々のこと | by:ando-guitarcomments(0)trackbacks(0) | -

            見えない相手に追いかけられ

            2018.03.07 Wednesday 10:11
            0

              といっても、怖いお話でなく、図書館から借りてる本の話。

              文庫本で全7冊になるかなりハード、大河小説と言われている。

              だれかのエッセイにこの本が紹介されていたのか

              なぜ私がこの本をいずれ読もうと思っていたか思い出せない。

              ともかく図書館に行くたびに書棚をチェックしていて

              いつも借りられておらず、いつでも7冊綺麗に揃っていた。

              のんびりとそれでは読み始めてみるかと昨年12月から借り始めた。

              今年に入りそれは1月半ば、3巻を返却し、4巻を書棚に取りに行ったら

              1・2巻がないではないか。誰か借りている…

               

              お読みになった方は少ないとは思うが加賀乙彦の『永遠の都』

              昭和の大変な時代、二・二六事件あたりから始まる

              ある一家の壮大なストーリーなのだが

              登場人物も多く、この時代を書いてはいるが

              回想で日露戦争も関東大震災も語られるし

              とにかく活字び〜っしりの読むのが大変な小説である。

               

              誰かが借り始めた。しかも2冊いっぺんに持っていった(と思う)

              そんな簡単には読み進められない本ではあるから

              そう簡単には追いつかれないだろうとは思ってはいるが

              私はいつも2〜3冊の並行して読むので

              のんびりしていると追いつかれるだろうかと思いつつ4巻、5巻。

              6巻目の途中で図書館検索してみたら

              どうやら追いつかれたようで

              「予約が入っている本です」となってしまった。

              もちろん他の図書館から廻ってその方へいってはいるだろうが

              とうとう追いつかれたかぁ。

               

              小学生時代、学校の図書室から本を借りると

              貸出カードには氏名がフルに書かれていた。

              先輩のなんとかさんがこの本借りたとかわかったのでる。

              なんとなくそんなことを思い出し

              今最後の7巻を読み始めている私は

              私の後を追いかけて借りている

              同じ図書館を利用している見たこともない人が

              この本をどう感じながら夢中に読み進んでいるだろうと想像する。

              お話してみたいものだ。

               

              category:日々のこと | by:ando-guitarcomments(0)trackbacks(0) | -

              想像の世界を楽しんで

              2018.02.26 Monday 09:30
              0

                もうじき2月も終わろうとしていますがまだまだ寒いです。

                今月は私の教室の発表会、そして昨日は師匠の教室の会と

                2つのギターイベントがあり、体調管理に一番気をつかって過ごしました。

                とはいえ、合間には人と会ったり、一昨日は落語を聴きに行ったりしたの。

                まったく落語には縁のない生活ですが、今とっても人気あるのよね。

                若い女性も寄席に大勢いらっしゃるそうです。

                一昨日は落語好きならどなたもご存知の「井戸の茶碗」「金明竹」

                この2つでした。いやぁ楽しかったわぁ。

                おもしろかっただけでなく、とっても良いお話だった「井戸の茶碗」。

                「金明竹」は、7つ道具の口上の部分、家へ戻ってから復習してしまった。

                落語や本はそこから自身の頭で想像し映像化するわけですけれど

                本当にすばらしい娯楽のひとつだとあらためて思いました。

                でも想像も自分の中に経験や知識がなくては膨らまない。

                とはいえ私が人生で経験できていることなんてこれっぽっちでしかない。

                だからいつでも好奇心・知識欲がなくてはいけないなと思う

                経験できることがあるなら積極的に経験したいものです。

                良いことも悪いことも、楽しいこともつらいことも

                ありがたかったことも、不愉快なことも

                満たされた思いも、くやしかったことも

                すべては私自身を作る糧になる。

                 

                昨日は会から帰宅したらお隣さんから夏みかん頂きまして

                今日はピールでも作ろうかと思っています。

                我が教室のコペル君たちへ

                2018.02.18 Sunday 15:29
                0

                  「第11回ちょっと弾いてみようKAI」皆様お疲れ様でした。

                  昨年はステージ発表会でしたので、こじんまりの会は約2年ぶりでしょうか。

                  それぞれの演奏についてはまた、それぞれにお話するとしまして・・・

                   

                  私の教室は50歳以上が6割強、二十歳以下が3割強という感じかしら。

                  この大人の生徒の皆様が子供たちの演奏も気持ちも

                  本当にあたたかく包んでくださっている

                  それをヒシヒシと感じた今回の発表会でした。

                  ほとんどの子どもの生徒は、何度か演奏を披露してますから

                  大人たちはその成長ぶり、変化をしっかり見届けてくださいました。

                  当日、いっぱいいっぱいの気持ちで参加した生徒さんたちでしたが

                  あちらこちらでいろいろな交流がありました。

                   

                  私はギター教えていますので、

                  もちろん皆さんがギター、上手になってほしいけれど

                  日常属しているそれぞれの社会での人間関係とはちがう方々

                  学校や学習塾では決して交流できない他の世代の方々と

                  交流しつつ、何かを感じてくれればいいなと思います。

                   

                  今まさに売れている本『君たちはどう生きるか』です。

                  社会の中のひとりの人間として、どう生きていくかは

                  コペル君のおじさんも本当の意味では教えられない。

                  コペル君が生きていく中で体験しなくてはなりません。

                   

                  お子さんの生徒たちに、優しく、温かな大人の方々が

                  ずっとギターを通して成長を見守ってくださっていること。

                  自分が他者とどう関わっているのかを

                  ギター教室という別の社会で体験してくれること

                  それらをなんとなくわかってもらいたいなと思います。

                   

                  私はこのすてきな老若男女の生徒の皆様に感謝しつつ

                  また次回に向けて歩み始めたいと思います。

                  風邪・インフル流行っています。

                  2018.02.05 Monday 07:40
                  0

                    今年の冬は本当に寒いです。

                    ここ10日間くらいニュースなどで○○年ぶりの・・と

                    なんだか記録続きです。

                    40数年ぶり、たしか48年ぶりとかいうのにピンときました。

                    私は公立小学校から私立に転校し、電車通学となった初めての冬。

                    それがたぶんその48年ぶりにあたるのではと思います。

                    大船駅で電車待ちをして並んでいる場所のすぐわきに温度計がありました。

                    それがいつも0度だったのを記憶しています。

                    私は毎日目盛0度きっちりの温度計を見ていて

                    (毎日0度なんて。きっとこれ壊れているんだ)

                    と思っていたけれど、ある日どちらかに振れたのね。

                    (壊れてなかったんだ!)

                    そうよね、昔のあの赤い超アナログの温度計だもの。

                    とにかく大船駅のプラットフォームは0度だったのでした。

                     

                    あと1週間後にせまりました「ちょっと弾いてみようKAI」

                    前回クオリティー良いですと書きました。

                    しかしここへきて、風邪・インフルエンザでお休みする方続出。

                    2月のこの時期の発表会は考えものだと反省。

                    あぁせめて当日は欠席する方がないように祈るのみです。

                    私もずっと緊張しっぱなしです。

                    だいたい体調崩すのが2月なのでぇ。

                    家でのレッスンではひとり生徒を送り出しては

                    手洗い・うがい。手洗い・うがい。

                    ゆとりがあれば鼻洗い。

                     

                    では皆様、体調管理、しっかりとなさってくださいませ。

                    category:日々のこと | by:ando-guitarcomments(0)trackbacks(0) | -

                    気を張ってがんばりましょ

                    2018.01.18 Thursday 16:09
                    0

                      1ヶ月を切った「ちょっと弾いてみようKAI」ですが

                      全体的に昨年の発表会よりクオリティー高いぞ!

                      今までなんとなく、とにかく音符なぞるだけが精一杯、

                      そんな演奏が多かったのですけれど

                      今回はもっと突っ込んだ指導が出来る状態までの生徒さん

                      以前よりずっと多くなりまして、私、とてもうれしいです。

                      いつも皆さんには申しあげていますが

                      自分が演奏することも大切だけれど

                      他の方の演奏を聞くこと、知らない曲に出会うこと

                      そんな体験もしてほしいと思っています。

                       

                      1ヶ月を切って、さぞや先生は大変であろうと思うでしょ。

                      それがそうでもないのだなぁ。

                      一昨日、さかなやさんで立派なにしんに出会い、

                      毎年書いているが、切り込みを作った。

                      いえ、正確にはまだ下準備段階です。

                      塩麹を作り、にしんは水にひたして(その水は毎日取り替え)

                      明日か明後日あたりに唐がらしとともに漬け込みます。

                      とにかく大きくて立派なにしんだったので

                      少し焼いて食べましたけれど美味しかったわ。

                       

                      ブログは毎年本にしていますが、それも注文しましたし、

                      確定申告の下準備もしました。

                      ギターの練習もしていますし、読書もきちんとしてる。

                      とにかく風邪をひかないように注意せねば。

                      だいたい私のほうが先に風邪をひくのだけれど

                      めずらしく私よりも先に今年風邪をひいた夫。

                      私は2月が毎年要注意みたいなので

                      胃を痛めるのも、難聴になったのも2月。

                      気を張っていきたいと思います。

                      あっ、それとダイエットもしたいと思いますっ…。

                       

                      category:日々のこと | by:ando-guitarcomments(0)trackbacks(0) | -

                      Calender
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>
                      読書メーター
                      寿里子さんの読書メーター
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recommend
                      翻訳できない世界のことば
                      翻訳できない世界のことば (JUGEMレビュー »)
                      エラ・フランシス・サンダース
                      素敵な絵本のようでした
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      あなたの中のリーダーへ
                      あなたの中のリーダーへ (JUGEMレビュー »)
                      西水 美恵子
                      はじめ文体に慣れるのに苦心しましたが、
                      パッションある一冊です
                      Recommend
                      Recommend
                      カラスの教科書
                      カラスの教科書 (JUGEMレビュー »)
                      松原 始
                      イラストもかわいい!
                      楽しい本でした。
                      Recommend
                      陳麻婆豆腐調料(麻婆豆腐の素) 50g×4p
                      陳麻婆豆腐調料(麻婆豆腐の素) 50g×4p (JUGEMレビュー »)

                      うちはもっぱらこれを使う。
                      山椒も入っていてチョ〜しびれます。
                      実は辛いものが苦手な私。
                      Recommend
                      Recommend
                      遺伝子の不都合な真実: すべての能力は遺伝である (ちくま新書)
                      遺伝子の不都合な真実: すべての能力は遺伝である (ちくま新書) (JUGEMレビュー »)
                      安藤 寿康
                      兄が本出しました。
                      今までのは難しくて、結局読みきれなかったけれど、
                      今回は読めるかも。
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM